新進のフレンチシェフが贈る、和の風味あふれる穴子のフリット
写真:尾鷲陽介 文:岡野孝次

新進のフレンチシェフが贈る、和の風味あふれる穴子のフリット

ネキ
日本橋
自由な発想によるフレンチ
種類豊富なナチュラルワイン
レコードで流れる心地よい音楽

「穴子のフリット/焼き茄子/カラスミ」¥2,200(税込)。穴子は西シェフが自らさばき、ベニエ生地(小麦粉と卵、炭酸水などを加えて泡立てたフランス流の衣)にくぐらせて揚げるため、サクッとした食感に。また茹でてレモンとオリーブオイルを効かせたモロヘイヤで彩りも添える。南アフリカ産「キュヴェ・クリント」はグラス¥990(税込)、ボトル¥6,930(税込)。ワインはナチュラルワインが中心。

2020年7月にグランドオープンした日本橋兜町のレストラン「ネキ」。前菜メニューを眺めれば、「穴子のフリット/焼き茄子/カラスミ」に目が留まる。江戸前料理を代表する食材・穴子と焼き茄子の組み合わせは、フランス料理では珍しい。夏が旬の穴子は脂が控えめで後味もあっさり、存分に身のおいしさを堪能でき...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
新進のフレンチシェフが贈る、和の風味あふれる穴子のフリット