年末年始は、いつもと違った家飲みを。注目のジントニック専門店店主が選ぶ...

年末年始は、いつもと違った家飲みを。注目のジントニック専門店店主が選ぶジン5選。

写真:湯浅 亨 文:岩崎香央理

スタイリッシュなボトルもクラフトジンの魅力。ジンの液体は基本的に無色透明のため、パッケージデザインの発想が前に出て、お国柄や個性が際立つようになった。デザイン重視で集めるのも面白い。

近年の世界的なクラフトジン・ブームにより、身近なリカーショップでも、これまであまりお目にかかれなかった個性的なジンの銘柄がラインアップを賑わせている。喧騒を離れてゆっくりと家飲みを満喫したい年末年始には、世界各国のクラフトジンで旅行気分を味わってみてはいかがだろうか。日本初のジントニック専門店...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
年末年始は、いつもと違った家飲みを。注目のジントニック専門店店主が選ぶ...
Feature Culture アーティスト・村松亮太郎が語る、新しい生活様式がもたらしたクリエイションと社会の関連性とは。
Feature Culture アーティスト・村松亮太郎が語る、新しい生活様式がもたらしたクリエイションと社会の関連性とは。