クリーミーなカキの豆乳鍋から本場の石狩鍋まで、いまこそ食べたい“冬鍋”...

クリーミーなカキの豆乳鍋から本場の石狩鍋まで、いまこそ食べたい“冬鍋”のお手軽レシピ5選。

写真:長谷川 潤 文:小久保敦郎(サグレス)

いつもの鍋に飽きたら、少し変化球のレシピを取り入れてみては。定番のタラちり鍋から変わりダネのエスニック鍋まで。冬本番のいまこそ食べたい5種の鍋を、手軽なレシピで紹介する。


カキの豆乳鍋──豆乳が、クリーミーなカキと相性抜群!

プリプリで濃厚なカキ鍋は、冬に一度は味わいたい一品。

冬に食べたい貝類ランキングがあれば、トップ争いに絡むのは確実──それほど、世の中にはカキ好きが多い。カキが“海のミルク”と呼ばれるのは、乳白色の見た目だけが理由ではない。牛乳同様、ビタミンやミネラルなどさまざまな栄養素がバランスよく含まれているからだ。カキ鍋の代表選手は味噌味の土手鍋や大根おろしを入れたみぞれ鍋だが、豆乳鍋も実にいい。クリーミーなカキと豆乳とは相性抜群。貝と牛乳でつくるクラムチャウダーをイメージするとわかりやすい。スープはコクと旨味を足すために、白味噌を加えるのがポイント。カキ以外にも、マイタケやエノキダケなどキノコをたっぷり入れることで、豆乳鍋にふさわしいヘルシーな仕上がりに。締めにお薦めしたいのは、やはり豆乳と相性がいい、うどん。残ったスープで少し煮込み、麺がふんわりしたら食べ頃だ。


材料(4人分)

カキ…8粒

片栗粉…適宜

シイタケ…2個

マイタケ…1/2パック

エノキダケ…1/2束

カブ…2個

くずきり…1/2パック

昆布出汁…400ml

酒…大さじ2

豆乳…400ml

白味噌…大さじ3

木綿豆腐…1/2丁

セリ…1/2束


つくり方

1. カキは片栗粉を少量ふりかけて洗う。シイタケは3~4mm厚さにスライスし、マイタケ、エノキダケは手で割いて小分けに。カブは八等分にし、くずきりが乾物の場合は下ゆでして戻しておく。

2. 昆布出汁、酒、豆乳を鍋に入れ、弱火にかけて温めながら白味噌を溶かし入れる。

3. 温まってきたらカキとセリ以外の材料、および豆腐を二等分して投入。この時、煮立たせすぎない。

4. 具材に火が入ったら、カキと、セリをちぎりながら入れて完成。


【関連記事】「純米吟醸 浦霞禅」は、寄せ鍋をつつきながら楽しみたい安心の味。



1 / 3p
Feature Fashion 大人にこそふさわしい良品が揃うポール・スミス。いま気になるのは、エターナルな価値をもつ、レザーの誘惑。
Feature Fashion 大人にこそふさわしい良品が揃うポール・スミス。いま気になるのは、エターナルな価値をもつ、レザーの誘惑。