クラフトウイスキー旋風を起こす、2020年に注目のディスティラリー

クラフトウイスキー旋風を起こす、2020年に注目のディスティラリー

待望のファーストリリースがいよいよ迫り、日本のクラフトウイスキー界を盛り上げていく、4つの蒸溜所とは。2020年に注目すべきディスティラリーを紹介する。

鹿児島県・マルス津貫蒸溜所 ── 信州に続き、南国で最新設備を導入。


マルス信州蒸溜所に次ぐ、本坊酒造の第2蒸溜所として注目を集めるのが、同社創業の地である鹿児島県南さつま市に創設されたマルス津貫蒸溜所だ。本格稼働は2016年11月。日本のウイスキー蒸溜所としては本土最南端に位置するが、本坊酒造はさらに南の屋久島にも貯蔵庫をもち、2蒸溜所に加えて3エージングセラー体制を実現する。信州での歴史あるウイスキー造りに対して、津貫では気鋭の若き造り手・草野辰朗を中心に、さまざまな可能性を感じさせる新たなチャレンジも実施。最新の設備を導入し、熟成過程を見守りながら理想の味を追求する。その成果となるシングルモルトのリリースも間近だ。ファン大注目の新鋭蒸溜所といえる。

毎年11月に開催する蒸溜所祭りで限定リリースされるニューメイク各種。

奥に見えるのがウイスキー用のポットスチル。

1 / 4p
Feature Culture 価値ある芸術支援プログラム、「ロレックス メントー & プロトジェ アート・イニシアチヴ」を知っていますか?
Feature Culture 価値ある芸術支援プログラム、「ロレックス メントー & プロトジェ アート・イニシアチヴ」を知っていますか?