進化を続ける、エコノミークラス機内食の最新事情。

進化を続ける、エコノミークラス機内食の最新事情。

写真:小野広幸 文:小松めぐみ

空の旅での愉しみといえば、やっぱり機内食です。季節感や行き先の食文化はもちろん、昨今では信仰や健康にも配慮したメニューが充実。エコノミークラスでいま人気のメニューを探りました。


<エールフランス航空>日本発着路線で一番人気は、伝統的な料理で構成された「トラディション」。

エコノミークラスの機内食はエアラインごとの個性が顕著。たとえば美食の国フランスのフラッグ・キャリアであるエールフランスの機内食は、全クラスともにシャンパンで始まり前菜、メイン、チーズ、デザート、コーヒー、食後酒が出る充実ぶりです。

このスタンダードな機内食に加え、2012年にはオプションの有料メニュー「ア・ラ・カルトミール」も登場。ワンプレートで、ラインアップは路線によって異なりますが、日本発着路線に搭載されるのは常時3種類。なかでも、伝統的なフランス料理が楽しめる「トラディション」が人気です。

進化を続ける、エコノミークラス機内食の最新事情。

フォアグラのテリーヌや鶏肉の赤ワイン煮込みなどの伝統料理が楽しめる、トラディション。締めはチーズで。デザートにはフランス菓子が。18ユーロ

進化を続ける、エコノミークラス機内食の最新事情。

成田および羽田発の長距離路線のア・ラ・カルトミールは、ここで紹介した3種類が用意されている。搭乗90日前から予約可能だ。

進化を続ける、エコノミークラス機内食の最新事情。

前菜とメインに魚介を使った「オーシャン」。写真のメインは、オヒョウとエビのソテー。15ユーロ

進化を続ける、エコノミークラス機内食の最新事情。

上質なパスタメニューが楽しめる「イタリアン」。ラザニアや鶏のカチャトーラ(猟師風)にティラミスなど、こちらも伝統的な品が並ぶ。12ユーロ

1 / 2p