家族で心地よく過ごすなら、「100本のスプーン」というとっておきの店が...

家族で心地よく過ごすなら、「100本のスプーン」というとっておきの店がオープン。

じっくり煮込んだロールキャベツに焦げ目をつけた「焼きロールキャベツのトマト煮込み」¥980

特別な日に、家族でとっておきのレストランへ。
そんな休日もいいけれど、小さい子どもがいる家庭であればなおさら、行動範囲は限られてしまうもの。いわゆる“ファミレス”しか行くところがない、なんて声もよく聞きます。もっと気軽に楽しめる、素敵な場所があれば――。

そんな方々にこそ訪れてほしいのが、オープン間近の「100本のスプーン」。手がけるのはSoup Stock Tokyo。
美味しいものをひとりで簡単に食べられる同店とは異なり、今回は家族や友人など大切な人と訪れるべき場所を提案してくれます。
天井が高い開放的な店内は、木材を多用したシンプルなインテリアで、ゆったりと心地よく過ごせます。テラス席や個室も用意されているので、さまざまな用途で活躍しそうです。メニューは洋食がベース。
「東京ビーフシチュー」や「焼きロールキャベツのトマト煮込み」など、Soup Stock Tokyoだからこその“手間暇かけた丁寧さ”が活かされた料理が並びます。家族や友人との食事の時間を、楽しく美味しく過ごせる場所に期待が高まります。(Pen編集部)

木材を基調とした広い店内。(写真はイメージ)席数は178席(店内146席・テラス32席)。オープンは2013年10月3日(木)。

100本のスプーン あざみ野ガーデンズ店

住所:神奈川県横浜市青葉区大場町704-60 あざみ野ガーデンズ内
営業時間:10時~22時(月~金) 9時~22時(土、日、祝)
不定休

家族で心地よく過ごすなら、「100本のスプーン」というとっておきの店が...
Feature Fashion グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?

グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?

写真:矢吹健巳(W) スタイリング:川合康太 ヘア:藤原一毅(Perle Management)

グッチのウエアやアクセサリーを独自にカスタマイズできる「GUCCI DIY」プログラムをご存じだろうか? 新たなアイテムやモチーフが加わり、さらなる盛り上がりを見せるこのサービスに注目した。

グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?

アレッサンドロ・ミケーレ●1972年、ローマ生まれ。2002年にグッチのデザインオフィスに参加。06年にレザーグッズのデザイン・ディレクターに就任し、11年にアソシエイト・クリエイティブ・ディレクターに。15年1月からクリエイティブ・ディレクター。Photo Courtesy of Ronan Gallagher for Gucci

2015年、アレッサンドロ・ミケーレがクリエイティブ・ディレクターに就任して以来、グッチはモードブランドとしての個性をより前面に押し出している。ヴィンテージテイストなのに現代的であり、ビビッドな色彩がぶつかり合う中に伝統的なモチーフのパッチワークが混在するなど、クラシックとポップカルチャーを混淆しているのが現在のグッチといえるだろう。

1 / 3p
Feature Fashion グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?