空港内の自販機でも、こだわりのスナックを。
AMSTERDAM アムステルダム

空港内の自販機でも、こだわりのスナックを。

文:ユイ キヨミ

自販機は空港内の到着ホール、スキポールプラザにある。軽食は6・95ユーロ~、ジュースとスイーツのセットは4・95ユーロ  photograph by Kiyomi Yui

自動販売機といえばドリンクや菓子類が定番だが、ここオランダでは、名物のクロケット(コロッケ)など揚げ物を販売する小さなコインロッカー式の自販機が一般的。料金を入れ、ボックスのガラス扉を開けて取り出すシステムだ。先頃スキポール空港内に登場した「ヘルス・フード・ウォール」もそんなお馴染みの自販機だが、売っているのはヘルシー志向のファストフード。ベジタリアンやヴィーガン向けの軽食をはじめ、コールドプレスジュースとスイーツのセットも販売。自販機ながら有機野菜など食材にもこだわっていて、その味わいも魅力だ。機械のデザイン性も相まって、空港職員や空港の駅を利用する通勤客の他、旅行者にも人気を博している。

Health Food Wall

 Vertrekpassage 35, Schiphol Plaza, 1118 CP Schiphol
最寄り駅:SCHIPHOL AIRPORT 
営業時間:24時間営業 
無休
https://healthfoodwall.com

空港内の自販機でも、こだわりのスナックを。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。