イタリア人だって、中国茶も飲みたい気分。
MILAN ミラノ

イタリア人だって、中国茶も飲みたい気分。

文:坂本きよえ

ヨーロッパらしい内装と、中国茶の組み合わせがユニークなインテリア。Photograph by Frankie Vaughan

ポットで提供する鉄観音、3ユーロ。茶葉の量り売りも行う。Photograph by Frankie Vaughan

ミラノの中華街といえばパオロサルピ通り。中華料理店やアジア系食料品店が軒を連ねるが、近年、新しい店が次々生まれているエリアでもある。そんなパオロサルピ通りに、意外にもなかった本格派の中国茶を扱う食品店「ムード・マーケット」がオープンした。
菓子や調味料、手づくり餃子や茶器など、アジアの食材から食器まで幅広く販売。食品では意外にも日本の菓子が人気なのだとか。店内には30~40種の中国茶を取り揃えたコーナーがあり、茶葉の購入だけでなく店内で中国茶も楽しめる本格派だ。なかでも鉄観音が人気で、中華料理のディナーの後に一服しに来る人も多い。コーヒーが大好きなイタリア人も、たまには中国茶に癒やされたいのかも。

MOOD MARKET

Via Paolo Sarpi, 41, 20154 Milano
最寄り駅:MONUMENTALE
TEL:02-34318157
営業時間:9時30分~22時
無休
www.facebook.com/moodmarketmilano

イタリア人だって、中国茶も飲みたい気分。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。