21世紀のガンゲットで、 音楽、アート、食を堪能。
文:髙田昌枝

21世紀のガンゲットで、 音楽、アート、食を堪能。

キューブのような3階建て。午後は12枚のスクリーンでデジタルアートを見せる。サンティアゴ・トレスの作品がオープニング期間を飾った。photo by Agence Ranja© David boureau, oeuvre de Santiago Torres, courtoisie Galerie Denise René

「ガンゲット」といえば、19世紀を中心に川辺で栄えた、音楽とダンス、食を楽しむキャバレー・レストラン。去る3月、13区のセーヌ川沿いの国立図書館エリアに、カルチャー・ガンゲットと銘打った複合施設「EP7」が誕生した。ファサードには12枚のスクリーンとガラス壁がパズルのように組み合わせられていて、朝はエリア情報、昼はデジタルアート、夜は館内のパーティ風景を映し出す。 
最上階は和も意識したビストロノミーを提案するレストラン。2階のテラスでは、イベントや展覧会などが催される。1階の軽食カフェは、夜にはウマいタパスとDJがウリのパーティスペースに変化。五感を満足させてくれる、21世紀のガンゲットだ。

1階カフェのランチメニュー。季節の素材にこだわった、赤キャベツと水菜、ケフタのサンドイッチ13ユーロ photo by Agence Ranja© David boureau, oeuvre de Santiago Torres, courtoisie Galerie Denise René

木~土曜の夜はDJのソワレで盛り上がる。プログラムはウェブで確認を。photo by Agence Ranja© David boureau, oeuvre de Santiago Torres, courtoisie Galerie Denise René

EP7

133 avenue de France, 75013 Paris 
BIBLIOTHEQUE FRANçOIS MITTERAND 
開店時間:バー、テラス 8時30分~24時(月~水) 8時30分~深夜2時(木~土) 10時~24時(日) レストラン 12時~14時30分、19時~22時30分 
休日:バー、テラス 無休 レストラン 日、月 
https://ep7.paris

21世紀のガンゲットで、 音楽、アート、食を堪能。

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。