買って食べてスマホで支払う、食の殿堂。
BEIJING 北京

買って食べてスマホで支払う、食の殿堂。

文:原口純子

人気の海鮮コーナー。食材を購入し、その場で調理してもらい食す人が多い。横幅26ⅿのスクリーンでは宇宙や海中の映像が流れる。photograph by Greg Mei

富裕層の集まる北京の一等地、フォーシーズンズホテルの隣に誕生した「城市市集」(チャンシシジィ)が話題を呼んでいる。7000㎡というスペースに、レストランとスーパーマーケットを一体化させた壮大な空間は、週末は家族連れで賑わうホットスポットだ。
食品コーナーには子どもに人気のアイスクリームやチョコレートから高級ワインまで幅広く並び、眺めるだけで楽しい。生鮮食品も、富裕層が好むオーガニック食材を中心に、肉、魚、野菜、果物とすべてが圧倒的な品揃え。そして食材を選んで調理法を指定すれば、800席もあるレストランエリアでの食事もOK。支払いは、レジではなくスマホ決済だ。北京の最先端の消費スタイルがここにある。

Hello Mart 城市市集

北京市朝陽区亮馬橋路48号
最寄り駅:亮馬橋
TEL:010-5382-2114
営業時間:10時~22時
無休

買って食べてスマホで支払う、食の殿堂。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。