新オープンの「ユニクロ パーク 横浜ベイサイド店」は、佐藤可士和が構想...

新オープンの「ユニクロ パーク 横浜ベイサイド店」は、佐藤可士和が構想した“建物まるごと遊べる公園”だ。

文:海老原光宏

2020年4月13日にオープンした「ユニクロ パーク 横浜ベイサイド店」の1階メインエントランス。カラフルなロゴやバルーンが目に入り、楽しげな印象だ。

2020年4月13日(月)、ユニクロが神奈川県横浜市金沢区に新コンセプトの大型ストア「ユニクロ パーク 横浜ベイサイド店」をオープンした。ファーストリテイリングのもうひとつの基幹ブランド、ジーユーも擁するファミリー向けの複合店舗だ。

この店舗のトータルプロデュースを手がけた佐藤可士和がグランドコンセプトとして掲げたのは、「店舗でありながら公園でもある」というもの。建築設計の基本構想とデザイン監修は、日本を代表する建築家のひとりであっる藤本壮介が務め、アイコニックな地上3階建て店舗が誕生した。

階段状になったエクステリアは公園になっており、子どものための教育玩具の提供や屋内外での遊び場づくりを行う企業であるボーネルンドが監修した滑り台やジャングルジム、ボルダリング設備などが配されている。屋上では、天気がよければ東京湾や海ほたるを展望できる気持ちのいい場所だ。飲食物の持ち込みも可能だという。

海に向かって階段状になったユニクロ パーク 横浜ベイサイド店。カラフルなユニクロ パークのロゴが目に留まる。

屋上に設けられた公園。奥に見える東京湾を背景に、世界の知育玩具を提供する会社ボーネルンドの遊具で遊べる。植栽されたオリーブの木は、ユニクロが2001年から支援している「瀬戸内オリーブ基金」が助成する瀬戸内のボランティア団体が育てたものだ。

1 / 2p
Feature Product 世界初のLED式デジタル腕時計が復刻! 「ハミルトン PSR」のデザインを語ろう。
Feature Product 世界初のLED式デジタル腕時計が復刻! 「ハミルトン PSR」のデザインを語ろう。