「ハンティング・ワ ールド」の定番バッグが、 見事にバージョンアップしました。
写真:加藤佳男 文:小暮昌弘
TREND | TREND | 2018AW/005

「ハンティング・ワ ールド」の定番バッグが、 見事にバージョンアップしました。

HUNTING WORLD / Carry All

モデル名は「シップロック」。H26×W37×D9㎝。¥270,000(税込)/ハンティング・ワールド(ハンティング・ワールド帝国ホテル店TEL:03-3501-7080)

「 バチュー・クロス」とは、「ハンティング・ワールド」の創設者であり冒険家でもあったロバート・M・リーが猛暑や極寒にも耐えうる屈強な素材として完成させたもの。2018年春夏からは「ホワイト マウンテニアリング」を手がけるデザイナー、相澤陽介をディレクターに迎えましたが、秋冬の新作として発表されたのが「シップロック」と命名されたバッグです。定番の「バチュー・クロス」を使い、人気のキャリーオールをベースに、ハンティングジャケットをモチーフにしたバッグに仕立てています。「バチュー・クロス」のオレンジも新色で、インパクトは十分。機能的なポケットやDカンなどのディテールが、アウトドアブランドとしての出自を物語ります。今季、名作のバッグに新しい1ページが加えられました。

「ハンティング・ワ ールド」の定番バッグが、 見事にバージョンアップしました。

バッグの背部にはストラップが付いています。かつて、この種のバッグは身体に固定できるように背部にストラップを付けたものが多く見られました。その名残とも言えるディテールです。

「ハンティング・ワ ールド」の定番バッグが、 見事にバージョンアップしました。

見かけ以上に多くの荷物が収納でき、仕分けできるようになっています。アウトドアにルーツをもつブランドらしい設計です。

「ハンティング・ワ ールド」の定番バッグが、 見事にバージョンアップしました。

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。