ベーシックを極めた「100年コート」を入手するなら、伊勢丹に急げ。

ベーシックを極めた「100年コート」を入手するなら、伊勢丹に急げ。

ベーシックを極めた「100年コート」を入手するなら、伊勢丹に急げ。

ポップアップショップ「PRIDE IN EVERY STITCH」は、本館に面した入り口を入ってすぐ左のスペース。ベージュ色に染められた穏やかな空間だ。

「100年コート」とは、世代を超えて永く着られることをテーマにつくられたタイムレスなコート。我が国のコートの歴史をつくってきた「SANYO」(三陽商会)が、2013年に発売を開始した究極のベーシックラインです。ラインナップは、トレンチ、ステンカラーのみという潔さ。色はベージュ、ネイビー、ブラックが用意されています。

生地は、耐久撥水加工を施した超長綿エジプトコットン「Giza」を用いたギャバジン。打ち込みがしっかりとした高級生地です。ライナーは取り外し式で、3シーズン着用可能。コートに求められるディテールは完備しており、ボタンは国内の自社工場による手仕事の縫い付け。頑丈なうえ本体からボタンが浮き上がっているので、掛け外しもスムーズです。

がっしりとしたコートながら着心地は良好。袖幅の肘から手首までが細くなっているため、視覚的にスリムに見える都会的なデザイン。オン、オフで着回しやすい一着といえるでしょう。この100年コートを入手したい方は、東京・伊勢丹新宿店メンズ館 1Fで開催されているポップアップショップにぜひお出かけください。11月25日(火)までの期間限定ですから、どうぞお早めに!(高橋一史)
ベーシックを極めた「100年コート」を入手するなら、伊勢丹に急げ。

右 レディス・ロングトレンチコート¥106,920(完売間近)、左 メンズ・トレンチコート¥96,120。

ベーシックを極めた「100年コート」を入手するなら、伊勢丹に急げ。

刺繍アーティスト、松岡 亮氏によるステッチワーク作品や、刺繍入りコートも特別展示。

ベーシックを極めた「100年コート」を入手するなら、伊勢丹に急げ。

奥の壁にはコートのパーツを並べた展示も。コートはネイビー、ブラックもあり、メンズのステンカラータイプで¥82,080。

『PRIDE IN EVERY STITCH』
11月12日(水)~11月25日(火)

伊勢丹新宿店メンズ館
東京都新宿区新宿3-14-1

TEL:03-3352-1111(大代表)
営業時間:10時30分~20時
http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/index.html

※11月22日(土)は11時~13時、14時~17時の間でアーティスト 松岡 亮氏が来店し、制作デモンストレーションをする予定。

100年コートfacebook
https://www.facebook.com/100nencoat

ベーシックを極めた「100年コート」を入手するなら、伊勢丹に急げ。