バイデンv.s.トランプ、装いで差を付けたのはどちらか?【ファッション...

バイデンv.s.トランプ、装いで差を付けたのはどちらか?【ファッションで読み解くアメリカ大統領Vol.1】

文:小暮昌弘

ネイビーのスーツにブルーのタイで、清潔感を感じさせるコンサバスタイルを貫く民主党ジョー・バイデン。1942年11月20日、東部ペンシルベニア州生まれで、2021年に史上最高齢の78歳で第46代アメリカ大統領に就任する予定だ。©Capital Pictures/amanaimages

世界中の注目を集める中、2020年11月3日に行われた第59回アメリカ大統領選挙。紆余曲折があったが、民主党のジョー・バイデン前副大統領が共和党のドナルド・トランプを破って、来年早々には第46代アメリカ大統領に就任することが見込まれている。

しかし今回話題にするのは、選挙やアメリカ政治の話ではない。このふたりを中心にしたアメリカの政治家たちの着こなしの話である。言葉は政治家の命とよく言われるが、政治家たちが着こなす服装=スタイルは、衆人環視の中で日常を過ごす彼らにとって、いわば自分を表現する方法、人々とコミュニケーションをとる手段でもある。いい悪いはともかくとして、今回の選挙中にスタイルによって圧倒的な存在感を放ったのは、勝ったバイデンではなく、トランプと見て間違いないだろう。

真っ赤なタイは共和党のイメージカラーでもあり、トランプを象徴するアイコンでもある。1946年6月14日生まれでニューヨーク州出身。意外にもアイビーリーグのペンシルベニア大学を卒業。あまり知られていないが、自らの名前を冠したスーツブランドをもち、自身が広告塔になっている。©Capital Pictures/amanaimages

トランプ像を焼き付けた、赤い「パワータイ」

「ネクタイはそれを締めている人よりも一歩先に目に入ってくる」。英国王室御用達のデザイナーであったサー・ハーディ・エイミスはこんな名言を残しているが、選挙戦でトランプが常に身に着けていた真っ赤なタイ。毎日流される映像を通して、多くの人々にトランプ像を焼き付ける手助けをしたのは確実だ。トランプが締めたタイの赤は、彼が所属する共和党のイメージカラー(共和党が赤、民主党が青という図式は、TVのニュースキャスターが便宜上に色分けして始まったらしい)なのだが、その赤のタイに別の意味を感じたのは私だけだろうか。

トランプは政治家の経験がなく、大統領に上り詰めた稀な人物で、彼が主戦場にしていたのはいわばビジネス界。1980年代あたりから欧米のビジネスシーンでは、「パワータイ」といって、ここぞというときに赤のタイを締める習慣が生まれたが、まさにそれである。『NYとワシントンのアメリカ人がクスリと笑う日本人の洋服と仕草』(講談社α新書)の著者である国際ボディランゲージ協会 代表理事の安積陽子によれば、トランプのお気に入りはイタリアの高級ブランド、ブリオーニのスーツらしい。

しかしオーバーサイズ気味のスーツをボタンもかけずに着用し、例の赤のタイをベルト下までだらしなく伸びきらせて締めている様子は紳士のエチケットにも反し、とても大統領の身だしなみとは思えない。誰か周りにアドバイスする人はいないのかと思うが、そうした無頼な着こなしが、彼が経験的に学んだ相手を圧倒できるスタイルであり、振る舞いであると考えると、納得がいくのではないだろうか。トランプにとって、政治もビジネス。すべてがディールであり、駆け引きなのである。

1 / 2p
Feature Product クリエイターが認めたオンとオフに使えるコンパクトSUV、フォルクスワーゲン「Tクロス」の魅力とは。
Feature Product クリエイターが認めたオンとオフに使えるコンパクトSUV、フォルクスワーゲン「Tクロス」の魅力とは。