英国製のスーツにあえて合わせた、パリの専門店・シャルべ...

英国製のスーツにあえて合わせた、パリの専門店・シャルべのシャツ【加藤和彦編】

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一

加藤和彦のポートレイト写真のなかで、紺のストライプスーツにブルーのシャツを合わせた出で立ちをしたカットを見たことがある。これはそのシャツを彷彿とさせるストライプシャツ。シャルべは世界初のシャツ専業のショップとして、パリのリシュリー通りで歴史を踏み出した名店だ。「エクゼクティブのためのよい趣味」がコンセプト。そんな名品を日本にいながらにしてビスポークできる。シャツ¥50,600(税込)、タイ¥26,400(税込)/ともにシャルベ

手元に「1970年代」を特集した雑誌『POPEYE』の80年12月10日号がある。その特集で加藤和彦の盟友、松山猛は「加藤和彦は流行児であった」と書き、彼が愛したファッションを通して70年代のファッションと風俗を特集した。加藤は70年代初めのややヒッピー風から、73年ごろにはロンドンブーツに中...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
英国製のスーツにあえて合わせた、パリの専門店・シャルべ...