714本のホームランを放った、ルイスビルスラッガーのバ...

714本のホームランを放った、ルイスビルスラッガーのバット【ベーブ・ルース編】

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

野球ファンならずともその名前を知るベーブ・ルース。まさしく“野球の神様”だ。大リーグが誕生して間もない1895年に、メリーランド州ボルチモアで生まれたルース。本名はジョージ・ハーマン・ルースで、ベーブ(=赤ん坊)は1914年に入ったボルチモア・オリオールズで付けられたニックネームだ。半年後、球団経営の行き詰まりでルースはボストン・レッドソックスにトレードされる。すぐに投手と打者の二刀流で活躍、18年には投手で13勝、打者でホームラン11本。これは現在もメジャー唯一の「10勝10本塁打」の記録だ。翌年にはホームランを29本と伸ばし大リーグ記録を更新した。そんなルースに注目したのが当時、弱小球団だったヤンキース。球界最高額の2倍に当たる10万ドルを払って、ルースを買い取った。投げることよりも打撃力を求めたヤンキースのために、ルースは外野手に転向。ホームランを量産するルースとともに、ヤンキースは23年に初めて世界一の座を射止めた。26年から31年までは6年連続のホームラン王、32年のワールドシリーズでは予告ホームランを放ち、ベーブ・ルースの名前はホームランの代名詞となった。22年間の現役生活で獲得したタイトルは、ホームラン王12回、打点王6回、首位打者1回。通算本塁打714本は、74年にハンク・アーロンに抜かれるまで39年間も破られなかった大記録だ。今回はそんな“野球の神様”に愛された名品を集めてみた。

ベーブ・ルースが使っていたモデルを彷彿とさせる木製本格派の硬式用バット。モデル名は「硬式用木製 ルイスビルスラッガーPRIME プロメープル NAHR20『20T型』」。素材は北米材のプロメープル。この85cmのモデルで重量は900g平均。打球部の並行部分がやや長いのが特徴で、握りやすさ、操作性を追求したフレアグリップが採用されている。¥18,700(税込)/ウイルソン チームスポーツ

2019年、ベース・ルース愛用のバットがオークションをかけられ、100万ドル(約1億1000万円)で落札された。それは1929年8月11日のインディアンス戦で、史上初の通算500本塁打を記録したときのバットだった。実は23年にヤンキー・スタジアムが開場した試合でルースが第一号ホームランを打った...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
714本のホームランを放った、ルイスビルスラッガーのバ...