1920年代のリゾートスタイルを象徴する白のスーツ【華...

1920年代のリゾートスタイルを象徴する白のスーツ【華麗なるギャツビー編】

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

村上春樹は『ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック』(中公文庫)で、アメリカ文学史の中でもっともアメリカらしい小説を挙げるとすれば、メルヴィルの『白鯨』とサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』と、フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』が選ばれるのではないだろうかと書く。小説が発表されたのは1925年で、日本ではまだ大正時代のこと。舞台になったのは1922年、ニューヨークの東に位置するロングアイランド島のウェストエッグという架空の街だ。この作品は発表と同時に評判となり、翌26年には早くもブロードウェイの演劇に、同26年、49年、74年、そして2013年と、なんと4度も映画化されている。この4作のなかで決定版とされるのが、74年に公開された『華麗なるギャツビー』ではないだろうか。主演のロバート・レッドフォードはこのとき38歳で、役者として脂が乗り切っているころ。衣装協力をしたのがアメリカントラッドの大御所ラルフ・ローレンで、メンズスタイルの黄金時代と言われた1920年代のスタイルを見事に再現している。今回は1974年に発表された『華麗なるギャツビー』を題材に、クラシックなメンズウェアの名品を追う。

色は生成り。素材はスーパー120Sの繊細なウール。2ボタンでウエストが絞り込まれた立体的なフォルムで、裏地がないアンコンストラクテッドな仕立てに特徴があり、着心地は快適。ピークドラペルの襟がクラシックさを演出する。スーツ¥132,000(税込)/タリアトーレ シャツ¥39,600(税込)、タイ¥20,900(税込)/ともにルイジ ボレッリ ポケットチーフ/スタイリスト私物

フィッツジェラルドが書いた小説を映画化した『華麗なるギャツビー』は、アメリカ中西部の貧しい家庭に生まれたジェイ・ギャツビー(ロバート・レッドフォード)がやがて大富豪となり、貧しい故に結ばれることができなかった恋人デイジー(ミア・ファロー)との再会を夢見て、彼女が住む邸宅の海峡を隔てた場所にある...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
1920年代のリゾートスタイルを象徴する白のスーツ【華...