夜のニューヨークを駆け抜けた、『タクシードライバー』の...

夜のニューヨークを駆け抜けた、『タクシードライバー』のタンカースジャケット

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

俳優ロバート・デ・ニーロが生まれたのは1943年。両親とも画家で、父親の作品はグッケンハイム美術館に展示されていたこともあったという。ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジとリトル・イタリーで少年時代を過ごした彼は、10代のころから演劇に魅力を感じていた。有名俳優を輩出した名門アクターズ・スタジオで演技を学び、60年代からプロの道に。マーティン・スコセッシが監督した『ミーン・ストリート』(73年)で注目を集めた後、『ゴットファーザーPARTⅡ』(74年)で主人公ビトー・コルレオーネの青年時代を演じ、アカデミー賞助演男優賞を受賞する。役者魂を体現することでも知られ、役づくりに徹底してこだわる。役柄に合わせて25キロも体重を増量したり、髪の毛まで抜いてしまうことも。名声を得た後でも多くの作品に参加、2019年は『ジョーカー』や『アイリッシュマン』といった話題作に出演、映画界のレジェンドとはまさにロバート・デ・ニーロのことだ。今回はそんな彼が映画で着用していた4つの逸品に迫る。

『タクシードライバー』で主人公トラヴィス・ヴィックルが着用した「タンカースジャケット」を見事に再現したモデル。素材はコットンツイルで、襟や袖、裾はリブ編みが採用され、襟はスタンドカラー。戦車のなかでも動きやすいようにスリムなシルエットで、着丈も短めだ。¥90,200(税込)/トイズ マッコイ(トイズマッコイストアー)

“You talkin’ to me(オレに用か?)”。ロバート・デ・ニーロが演じた『タクシードライバー』(76年)の主人公トラヴィス・ヴィックルが繰り返し発する有名な台詞だ。トラヴィスはベトナム戦争の帰還兵。ニューヨークでタクシードライバーになり、闇深い街を走り、「いつか本物の雨が降って、こ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
夜のニューヨークを駆け抜けた、『タクシードライバー』の...