悪ガキ4人組の名シーンを彷彿させる、武骨なミリタリーブーツ

悪ガキ4人組の名シーンを彷彿させる、武骨なミリタリーブーツ

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一

「ミリタリーコレクション」に属する、ストレートチップタイプの「ミリタリーダービーブーツ」。素材は牛革のポリッシュドレザーで、ソールには英国製のラバーソールを採用し、伝統のグッドイヤー製法で仕立てられている。¥57,200(税込)/サンダース(グラストンベリー ショールーム)

映画『時計じかけのオレンジ』でギャング団「ドルーグ」たちが話すのは、「ナッドサット語」と名付けられた言葉。言語学者でもあった原作者のバージェスが創造した言語で、ロンドンの方言とロシア語とを組み合わせたものだが、映画の前半で、ナッドサット語で「アルトラ(超暴力)を放出する」と叫んだアレックスたち...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
悪ガキ4人組の名シーンを彷彿させる、武骨なミリタリーブーツ