フーテンの寅にオマージュを捧げた、旅心のうずくアイテム

フーテンの寅にオマージュを捧げた、旅心のうずくアイテム

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

第3回 スウェット腹巻き

姓は車、名は寅次郎。人呼んで“フーテンの寅”。映画『男はつらいよ』で渥美清が演じた“寅さん”の一挙手一投足に、日本中、いや世界中の人がどれほど笑い、どれほど泣かされてきたことだろうか。1969年のシリーズ第1作から50年目の2019年12月27日、シリーズ50作目の『男はつらいよ お帰り寅さん』が公開された。49作目の『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別編』以来、22年ぶりに製作された最新作で、96年に亡くなった渥美清をはじめ、倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆らのお馴染みのメンバーが顔を揃え、加えて歴代のマドンナからは後藤久美子、浅丘ルリ子が登場した。

最新作の公開に合わせてビームス ジャパンが企画したのは、寅さんのイメージに合わせたコラボレーションアイテムだ。この企画を担当したビームス ジャパンバイヤーの鈴木修司さんは、「どれも寅さんそのままというカタチではなく、ビームス目線というか、現代にアップデートさせたアイテムに仕上げました。いま、寅さんが生きていたら……。寅さん好きにはこんなものを使って欲しいという発想でつくりました」と語る。しかも『男はつらいよ』で日本中を旅した寅さんに合わせ、日本の各産地の名ブランドとコラボレーションし、唯一無二の“寅さん”の世界観を表現している。

ニットの腹巻きをしていた寅さんだが、今回は素材をスウェットに代えて「スウェット腹巻き」と「スウェットお守り入れ」とがつくられた。寅さんが腹巻きの中にいつもお財布など小物を入れているイメージで、前面のカンガルーポケット以外に、内側に小さなポケットまで付いている。腹巻き¥9,900、お守り入れ¥4,950/ともにループウィラー×ビームス ジャパン

「三日三晩、好きな酒も断って一世一代の大バクチを打ってよ、儲けた銭のどこが悪いんだ!」1970年公開の『新 男はつらいよ』で、名古屋競馬場で大穴を当てた寅さんは、儲けたお金でおいちゃんとおばちゃんをハワイ旅行に連れて行こうとするが、出発当日に旅行会社の社長が代金を持ち逃げしてしまう。「バクチの...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
フーテンの寅にオマージュを捧げた、旅心のうずくアイテム