カート・コバーンの生き様を投影する、グランジ・ファッシ...

カート・コバーンの生き様を投影する、グランジ・ファッションに欠かせないアイテム

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第3回 コンバース ジャックパーセル

1967年、アメリカ・ワシントン州のアバディーンで生まれたカート・コバーン。2歳の時、早々と音楽に興味を示し、7歳の頃にはビートルズの『ヘイ・ジュード』を歌いながら近所を練り歩いていたという。しかし、両親の離婚をきっかけにカートは引きこもりがちな少年になってしまう。そんな彼が聴いていたのはブラック・サバス、レッド・ツェッペリンなどのロック。そこから、ハイスクール時代に知り合いからもらったパンクロックのテープがきっかけとなり、本格的に音楽の道を志していく。フィーカル・マターというバンドを経て、87年にクリス・ノヴォセリックらとともに伝説のグループ、ニルヴァーナを結成。90年にはメジャーデビューを果たし、セカンドアルバム『ネヴァーマインド』並びに収録曲の『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』が大ヒットする。注目されたのは音楽だけではない。カートが着ていたネルシャツ、穴の開いたジーンズといったラフな着こなしは、彼らの音楽性になぞらえて「グランジ・ファッション」と言われた。
若くして一気にスターとなったカートだが、やがてドラッグや鬱病に苦しむようになり、94年、シアトルの自宅で自殺した姿が発見される。彼が亡くなったのは27歳。奇しくもジミ・ヘンドリックス、ジム・モリソン、ジャニス・ジョップリンなど、他のレジェンドたちが亡くなった年齢と一緒だ。今回は、彼の“生き様”をそのまま投影したような「グランジ・ファッション」の名品を紹介する。

ブラックのコットンキャンバスのアッパーに白いラバーソールが付いたモデル。昔から変わらないデザインで、ローテクスニーカーのお手本ともいえるデザインだ。これと同じカラーリングのモデルをカート・コバーンは「MTVアンプラグド」のステージで履いている。¥6,600(税込)/コンバース

1993年、ニルヴァーナがアルバム『イン・ユーテロ』のリリースツアー中、ニューヨークのミッドタウンにあるオムニホテルで写真家ジェシー・フローマンがカート・コバーンを撮った写真がある。レオパード柄のコートに、白いオーバルサングラス。破れたジーンズは膝がリペアされている。そしてカートの足元を飾っていたのは、いまでも多くの人に愛されるコンバース ジャックパーセルのいわゆる「青ヒゲ」だ。
自由なファッションを楽しむカートが、ジーンズにいつも合わせていたのがスニーカーだ。それも必ずローテクのもの。ほかのブランドのスニーカーも履いているが、有名になってからずっと愛用したのは前述のジャックパーセルだった。
ジャックパーセルはバドミントンのワールドチャンピオンに輝いたジャック・パーセルが開発に加わり誕生した、シグニチャーモデルの草分け的なスニーカーである。第1号モデルが生まれたのは1935年。70年代になると、ジャックパーセルを販売していたB.F.グッドリッチ社がコンバース社シューズ部門に統合され、その後はコンバース社から販売されるようになり、このメーカーを代表するモデルへと成長する。ちなみにカート・コバーン以外でも、ジェームズ・ディーン、アーネスト・ヘミングウェイなども履いていた。

外見はオリジナルそのままだが、最近のモデルではクッション性のあるインソール入りで履き心地はより快適に。取り外し可能で、インソールには抗菌加工が施されている。

つま先に入った“スマイル”と呼ばれるラインがジャックパーセルの特徴。口角を上げているように見えることから“スマイル”と呼ばれるようになった。

ヒールラベルに描かれたアイコンが口髭に見えることから、このアイコンは“ヒゲ”と呼ばれるようになった。オリジナルは青だったので、靴そのものを“青ヒゲ”と呼ぶこともある。

問い合わせ先/コンバースインフォメーションセンター TEL:0120-819-217

カート・コバーンの生き様を投影する、グランジ・ファッシ...