カート・コバーンの生き様を投影する、グランジ・ファッシ...

カート・コバーンの生き様を投影する、グランジ・ファッションに欠かせないアイテム

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第2回 カーディガン

1967年、アメリカ・ワシントン州のアバディーンで生まれたカート・コバーン。2歳の時、早々と音楽に興味を示し、7歳の頃にはビートルズの『ヘイ・ジュード』を歌いながら近所を練り歩いていたという。しかし、両親の離婚をきっかけにカートは引きこもりがちな少年になってしまう。そんな彼が聴いていたのはブラック・サバス、レッド・ツェッペリンなどのロック。そこから、ハイスクール時代に知り合いからもらったパンクロックのテープがきっかけとなり、本格的に音楽の道を志していく。フィーカル・マターというバンドを経て、87年にクリス・ノヴォセリックらとともに伝説のグループ、ニルヴァーナを結成。90年にはメジャーデビューを果たし、セカンドアルバム『ネヴァーマインド』並びに収録曲の『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』が大ヒットする。注目されたのは音楽だけではない。カートが着ていたネルシャツ、穴の開いたジーンズといったラフな着こなしは、彼らの音楽性になぞらえて「グランジ・ファッション」と言われた。
若くして一気にスターとなったカートだが、やがてドラッグや鬱病に苦しむようになり、94年、シアトルの自宅で自殺した姿が発見される。彼が亡くなったのは27歳。奇しくもジミ・ヘンドリックス、ジム・モリソン、ジャニス・ジョップリンなど、他のレジェンドたちが亡くなった年齢と一緒だ。今回は、彼の“生き様”をそのまま投影したような「グランジ・ファッション」の名品を紹介する。

タウンクラフトの定番と言える、古着のような味わいをもったアクリル100%のカーディガン。裾と袖にリブが入っているが、裾はほとんど絞られておらず、リラックスした着心地が楽しめる。¥14,300(税込)/タウンクラフト

2019年11月、カート・コバーンが実際に着用していたカーディガンがオークションに出品され、約3600万円で落札された。ニルヴァーナが1993年の「MTVアンプラグド」に出演した際に身に着けていたもので、25年以上の間、一度も洗われていないと説明されている。本物の証明としてカートの娘のベビーシッターによる直筆の手紙が添えられており、カートの死後、夫人のコートニー・ラブからそのベビーシッターに贈られたカーディガンなのだという。とあるウェブサイトによれば、カーディガンの素材はモヘアが混紡したアクリル素材で、アメリカのニュージャージーで設立された「マンハッタン・インダストリーズ」という会社の製品だと言われている。当時、似たようなセーターは15ドル程度で販売されていたが、カートが着用したことで、驚くほどの価格で取り引きされたのだ。
カートが着用していたカーディガンにとても似ているニットを発見した。素材も似ている。アクリル100%でモヘアのような毛足の長い起毛が特徴。ボタンがけで、ほとんど裾が絞られていないシルエットも彼が着ていたカーディガンを連想させる。
実はこのカーディガンは「タウンクラフト」というブランドの製品。アメリカの大手デパート、J.C. PENNEYが1920年代から展開していたブランドだ。J.C. PENNEYはBIG MACやPAY DAYといったワークウエアのブランドも展開していたが、タウンクラフトは流行や新しい素材を取り入れた大量生産の日常着をデザインすることを得意としていた。
そういう意味ではカートが着ていたカーディガンと同じバックボーン、匂いをもったものだと言えるだろう。

モヘアセーターのような表面のシャギーな起毛がこのカーディガンの大きな特徴だろう。ボタンフロントで、ボタンの風合いも古着風だ。

タウンクラフトは1927年、アメリカの大手デパートであるJ.C. PENNEYのプライベートブランドとして誕生。古着でも人気が高いブランドで、このカーディガンは昔のデザインソースを参考にしている。いまでも時代にマッチしたアイテムをリリースしている。

さまざまなカラーのカーディガンを着用していたカート・コバーン。オークションにかけられたカーディガンはグリーンで、その色味を彷彿とさせる淡いグリーンのものもラインナップされている。各¥14,300(税込)/タウンクラフト

問い合わせ先/セルストア TEL:03-6459-3932

カート・コバーンの生き様を投影する、グランジ・ファッシ...

次号予告

なぜ世界は、このブランドに憧れるのか?

オニツカタイガー 完全読本。