カリスマ大統領、ジョン・F・ケネディの若々しさを代弁す...

カリスマ大統領、ジョン・F・ケネディの若々しさを代弁するファッション

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第4回 G.H.BASSのローファー

ジョン・フィッツジェラルド・ケネディは1961年、43歳という若さで、第35代アメリカ合衆国大統領に就任した。「ニューフロンティア」と呼ばれる政策を掲げ、大統領就任演説では「あなたの国があなたのために何をできるかと問わないで欲しい。あなたがあなたの国に何ができるかと問うて欲しい」と語った。新しい政治スタイルで、アメリカを牽引した大統領だ。
ハンサムでスポーツマンを思わせる、日焼けした精悍な顔立ち。2ボタンのスーツで美しい妻・ジャクリーンと颯爽と歩く姿に、アメリカはもちろん、世界中が新しい時代を感じ、ふたりの行動、振る舞いもが注目された。
ソ連との冷戦の緊張状態の最中に大統領に就任した彼は、1962年のキューバ危機を乗り越え人類を核戦争の危機から救い、「60年代の終わりまでに月に人間を送り込む」と高らかに宣言。人々はアメリカ、いや世界に未来と夢を感じさせた。
しかし1964年11月22日午後12時30分ごろ、ジャクリーンとともに訪れたテキサス州ダラスで暗殺される。就任期間はわずか1037日、3年に満たなかったが、これほどまでに世界中の人々の心に残り、いまなおカリスマ性を感じる大統領はいない。今回は世界が敬愛した米大統領ケネディ が愛用した名品を追う。

モデル名は「BA11035H」で、まさにローファーの代名詞的なデザイン。マッケイ製法でつくられており、軽量で屈曲性が高い。革靴でありながら履き心地は快適だ。これは「ワイン」と呼ばれる赤茶で、艶やかな光沢を放つ。¥25,300(税込)/G.H.BASS

政治家として成功しアメリカ大統領になった後、ケネディは公式な場面でのスタイルにおいても新しいアメリカを演出しようとしていたのは事実。しかし普段着の彼は、アメリカ有数の良家に生まれ、プレップスクールの名門であるチョート校からハーバードに進んだ生粋のプレッピーであり、アイビーリーガーだ。学生時代、あるいは政治家になってからもプライベートでは当時の学生らしいスタイルを纏い、アイテムを着こなしていた。そのひとつが、G.H.BASSのローファーだ。
G.H.BASSは、1876年にアメリカの靴の産地、メイン州でジョージ・ヘンリー・バスによって創設されたブランド。創業者が当時履かれていた靴を見て考えたのが「目的にあった最高の靴をつくること」だった。モカシンや軍隊用のブーツづくりなどからスタートし、ノルウェーのモカシンにルーツをもつ「Weejuns(ウィージャンズ)」というローファー を発表したのが1936年。G.H.BASSの靴はやがて、ハーバードやプリンストン、ダートマスといったアメリカ東海岸の名門大学の学生たちに愛用されるようになっていく。ボタンダウンシャツと並ぶ、アイビーリーガーのマストアイテムがG.H.BASSのローファーで、日本でも大ヒットした。プレッピーで、アイビーリーガーでもあったケネディが愛用していないはずがない。ホワイトハウスと思われる部屋でセーターにボタンダウン、ウールのパンツにそのローファーを履いたケネディの写真が残されており、大統領になってからも愛用していたと考えられる。

「モカシン縫い」、あるいは「モカ縫い」と呼ばれる手法で仕上げられたローファーのトウ。アイビー的なローファーに欠かせないディテールだ。

ソールはレザー。最近はラバーソールの革靴が増えているが、レザー製のソールは通気性と耐熱性に優れている。

G.H.BASSのローファーは、ノルウェーの木こりたちが履いていたモカシンをヒントにデザインされた。それで「ノルウェーの」という意味をもつ「Weejuns(ウィージャンズ)」の名をもつ靴が誕生したのだ。

問い合わせ先/G.H.BASS TOKYO TEL:03-5843-0777

カリスマ大統領、ジョン・F・ケネディの若々しさを代弁す...