カリスマ大統領、ジョン・F・ケネディの若々しさを代弁す...

カリスマ大統領、ジョン・F・ケネディの若々しさを代弁するファッション

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第3回 カルティエのタンク

ジョン・フィッツジェラルド・ケネディは1961年、43歳という若さで、第35代アメリカ合衆国大統領に就任した。「ニューフロンティア」と呼ばれる政策を掲げ、大統領就任演説では「あなたの国があなたのために何をできるかと問わないで欲しい。あなたがあなたの国に何ができるかと問うて欲しい」と語った。新しい政治スタイルで、アメリカを牽引した大統領だ。
ハンサムでスポーツマンを思わせる、日焼けした精悍な顔立ち。2ボタンのスーツで美しい妻・ジャクリーンと颯爽と歩く姿に、アメリカはもちろん、世界中が新しい時代を感じ、ふたりの行動、振る舞いもが注目された。
ソ連との冷戦の緊張状態の最中に大統領に就任した彼は、1962年のキューバ危機を乗り越え人類を核戦争の危機から救い、「60年代の終わりまでに月に人間を送り込む」と高らかに宣言。人々はアメリカ、いや世界に未来と夢を感じさせた。
しかし1964年11月22日午後12時30分ごろ、ジャクリーンとともに訪れたテキサス州ダラスで暗殺される。就任期間はわずか1037日、3年に満たなかったが、これほどまでに世界中の人々の心に残り、いまなおカリスマ性を感じる大統領はいない。今回は世界が敬愛した米大統領ケネディ が愛用した名品を追う。

タンク ルイ カルティエウォッチ、LM、キャリバー8971MC手巻きメカニカルムーブメント ファクチュール。18Kピンクゴールド製ケース。ケースサイズ:33.7×25.5mm。日常生活防水。¥1,438,800(税込)/カルティエ

2年前、ジョン・F・ケネディ大統領夫人のジャクリーン・ケネディが愛用していた腕時計が、夫人が大統領に贈った絵画とともに競売大手のクリスティーズに出品された。落札価格は37万9500ドル。その時計はカルティエの「タンク」である。夫人の義弟スタニスラス・ラジウィル氏が1962年にパームビーチで開かれた、50マイルのハイキングを記念して贈ったものだ。ハイキングは運動を奨励するケネディが提唱したもので、その「タンク」の裏蓋にはハイキングの開始時刻と終了時刻が刻印されている。
「タンク」を愛用していたジャクリーンは、1957年の結婚4周年を記念して、同じモデルをケネディに贈っている。1963年に暗殺された時にもその時計を着用していたという説があるほど、ケネディ夫妻に愛された腕時計だった。
カルティエがルイ=フランソワ・カルティエによって創業されたのは1847年。フランスのユージェニー皇后を始め、公族や貴族などを顧客にもち、英国国王エドワード7世は「王の宝石商、宝石商の王」と称賛した。「タンク」は、当時あった『イリュストラシオン』という雑誌で特集されていた戦車のキャタピラーから着想を得てつくられ、1919年に発表。時計のデザイン史上、最もシンプルでエレガントと言われ、まさに不滅のタイムピースとして、現在でも多くの人に愛用されている。
「タンク」を愛する人は「タンキスト」と呼ばれるが、ケネディ夫妻以外にも、アンディ・ウォーホル、イブ・サンローラン、フレッド・アステア、モハメド・アリ、ダイアナ妃など、多くのセレブリティがリストアップされる。

レクタングラーのフォルム、ローマ数字を採用したインデックス。時針と分針は美しいブルーで、秒針もカレンダー窓もないシンプルを極めたデザインが実に洒落ている。

直線的なフォルムのケースに付いたリューズはパール状の飾り付きだ。サファイアのブルーが美しい。

マットなアリゲーターを使ったストラップ。バックルも18Kのピンクゴールド製だ。

問い合わせ先/カルティエ カスタマー サービスセンター TEL:0120-301-757

カリスマ大統領、ジョン・F・ケネディの若々しさを代弁す...