映画『レオン』の主人公たちが身に着けた、アイコニックな...

映画『レオン』の主人公たちが身に着けた、アイコニックなファッション

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第4回 MA-1

『レオン』は、リュック・ベッソンが1994年に監督したフランスとアメリカの合作映画だ。『サブウェイ』(84年)、『グラン・ブルー』(88年)、『ニキータ』(90年)とヨーロッパを拠点に次々とヒット作を連発したフランス出身のベッソンが、初めてアメリカのニューヨークを舞台に製作した映画である。
“掃除人”と自らを呼ぶイタリア系移民の殺し屋レオン(ジャン・レノ)と、アパートの隣室に住み、悪徳警官らに家族を無残に殺されてしまった美少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)との純愛を描いた作品。のちに『スター・ウォーズ』シリーズや『ブラック・スワン』(2010年)などで有名になるポートマンにとってのデビュー作で、撮影した時は、まだ12歳(13歳という説も)。都会の片隅に生きる孤独なレオンを相手に映画史上に残るヒロインを演じる。悪徳警官スタンフィールド役のゲーリー・オールドマンの狂気的な演技も見物で、後半のレオンと警官隊とのヒリヒリするようなやりとりで緊張感が高まっていく筋立て。エンディングに流れるスティングの『Shape of My Heart』が心に沁みる。何度観ても感動を覚える、時代を超越するスタンダードな映画だ。
今回はこの『レオン』から、ストイックなスタイルを崩さない主人公と、彼に憧れる小悪魔的な美少女、マチルダが身に着けていた名品について解説しよう。

モデル名は「MA-1 BLOOD CHIT “CORE SPEC” model:TA0129-203」。「BLOOD CHIT」とは、第三国で撃墜され脱出した航空隊員が、自身の身分証明や適正な扱いを受け入れられるよう求める通知文が記載されたパッチで、この「MA-1」では裏側に付いている。アメリカ軍に採用された歴史をもつ同ブランドらしいモデルだ。\21,780(税込)/アルファ インダストリーズ

ナタリー・ポートマンが演じたマチルダが劇中でよく着ていたのが「MA-1」と呼ばれるフライトジャケットだ。ボブスタイルのヘアに首元には黒いチョーカー、「MA-1」をオーバーサイズで着てミニスカートやショートパンツ、ショートブーツを合わせるのがマチルダのスタイル。レオンに殺しの技術を学んだ後は、彼を真似てニット帽やサングラスを身に着けている。
「MA-1」は1950年代、アメリカ軍が使う飛行機が、プロペラ機からジェット機に移行する中で開発されたフライトジャケットだ。この頃、音速で飛ぶ飛行機が主流になり、水分を含みやすい綿や革のジャケットでは高度上昇で水分が氷結してしまい、操縦の妨げになることが判明した。そこで開発されたのがナイロン素材のフライトジャケット。「MA-1」のナイロン素材+中綿の組み合わせは保温性や機能性に優れており、シンプルなデザインは狭いコクピットのなかでも身体に負担がかからず運動性も高い。アメリカ軍で幅広く採用され、フライトジャケットのなかでも傑作中の傑作と言われるモデルだ。
この「MA-1」のスタンダードな魅力は、ファッションでも注目され、過去何度か流行している。1980年代には日本でも商品が手に入らないほどの人気となり、最近では、男性以上に女性たちがよく「MA-1」を着ている。クールなマチルダをお手本にして「MA-1」を着てみてもいいだろう。

フライトジャケットらしい、光沢のあるヴィンテージグリーンのナイロン素材を採用。ファスナーの内側の前立て部分にブランドのマークが入っている。

「MA-1」はリバーシブル仕様。墜落した際に救援隊が見付けやすいようにと裏地は明るいオレンジに。内側のパッチは「MA-1」誕生当時、英語圏以外でもわかるように多国語で書かれていたのだが、アルファ インダストリーズの「MA-1」は、そこまで再現されている。

「パッカリング」と呼ばれる縫い縮みが入った袖の内側のステッチも、「MA-1」の特徴的なディテールと言える。

問い合わせ先/アルファ インダストリーズ(エドウイン) TEL:0120-008-503

映画『レオン』の主人公たちが身に着けた、アイコニックな...