映画『レオン』の主人公たちが身に着けた、アイコニックな...

映画『レオン』の主人公たちが身に着けた、アイコニックなファッション

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第1回 ラウンドハット

『レオン』は、リュック・ベッソンが1994年に監督したフランスとアメリカの合作映画だ。『サブウェイ』(84年)、『グラン・ブルー』(88年)、『ニキータ』(90年)とヨーロッパを拠点に次々とヒット作を連発したフランス出身のベッソンが、初めてアメリカのニューヨークを舞台に製作した映画である。
“掃除人”と自らを呼ぶイタリア系移民の殺し屋レオン(ジャン・レノ)と、アパートの隣室に住み、悪徳警官らに家族を無残に殺されてしまった美少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)との純愛を描いた作品。のちに『スター・ウォーズ』シリーズや『ブラック・スワン』(2010年)などで有名になるポートマンにとってのデビュー作で、撮影した時は、まだ12歳(13歳という説も)。都会の片隅に生きる孤独なレオンを相手に映画史上に残るヒロインを演じる。悪徳警官スタンフィールド役のゲーリー・オールドマンの狂気的な演技も見物で、後半のレオンと警官隊とのヒリヒリするようなやりとりで緊張感が高まっていく筋立て。エンディングに流れるスティングの『Shape of My Heart』が心に沁みる。何度観ても感動を覚える、時代を超越するスタンダードな映画だ。
今回はこの『レオン』から、ストイックなスタイルを崩さない主人公と、彼に憧れる小悪魔的な美少女、マチルダが身に着けていた名品について解説しよう。

ナビゲーター/小暮 昌弘
法政大学卒業。学生時代よりアパレルメーカーで勤務。1982年から(株)婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に勤務。『25ans』を経て『Men’s Club』で主にファッションページを。2005年から2007年まで『Men’s Club』編集長。2009年よりフリーに。現在は、『Pen』『サライ』『Forbes Japan』などで活躍。

コム デ ギャルソン ジュンヤ ワタナベ マンとフランスの帽子ブランド、ベトンシレがコラボレーションした「ラウンドキャップ」と呼ばれる帽子。右がウール素材、左がコーデュロイ素材。スポーティさとクラシックさが共存する独特のデザインで、唯一無二の存在感を醸し出している。右:¥30,800(税込)、左:¥28,600(税込)/ともにコム デ ギャルソン ジュンヤ ワタナベ マン

主人公レオンのアイコン的なアイテムと言えばキャップだろう。普段の生活では無帽のレオンは、“掃除人”として殺しに向かう時には帽子をかぶる。少女マチルダに「何故、帽子をかぶるの?」と尋ねられると、「カゼの予防さ」とは答えるが、殺し屋という仕事に臨む彼の流儀があるのは確かだ。
レオン愛用の帽子は一見、海軍の船員たちがかぶっていたニットの「ウォッチキャップ」に見えるが、それよりは折り返しが少なく、「イスラムワッチ」と呼ばれる帽子に近いと思われる。映画の中で、マチルダがレオンを真似てレンガ色のニット帽をかぶるシーンがあり、そこで登場するものは「イスラムワッチ」そのものだ。
2019〜20年秋冬のコム デ ギャルソン ジュンヤ ワタナベ マンのコレクションの中で、レオンがかぶった帽子を連想させる帽子を見つけた。2013年にアメーリ・ル・ルーとマーリオ・フォーンデスの2人が創業したフランスの帽子ブランド、ベトンシレとコラボレーションしたモデルである。

アメーリが所有していたブルターニュ地方の伝統的なフィッシャーマンの帽子をモダンにアレンジしたものなのだが、それが前ツバのないデザインで、レオンがかぶっていた帽子を連想させる。もちろん、その帽子はジュンヤ ワタナベの手にかかると、高いファッション性が加えられている。『レオン』ファンならずとも、一度は身に着けたくなる帽子ではないだろうか。

帽子の後ろ側にはサイズが微調節できるストラップが付いている。後ろから見ると、ツバのない、ベースボールキャップのように見える。

内側にはコラボレーションした「ベトンシレ」のブランドタグも付いている。裏地はコム デ ギャルソン ジュンヤ ワタナベ マンらしい透明感のあるブルーのペイズリー柄だ。

折り返し部分には同じ色の糸でオールが2本、刺しゅうされている。フィッシャーマンがかぶっていた帽子から始まったブランドらしい意匠だ。

問い合わせ先/コム デ ギャルソン TEL:03-3486-7611

映画『レオン』の主人公たちが身に着けた、アイコニックな...