ロックスターのなかでも特にセンスが光る、ポール・ウェラ...

ロックスターのなかでも特にセンスが光る、ポール・ウェラーの英国定番スタイル

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第4回 タッセルローファー

ポール・ウェラーは1958年生まれ、イングランド出身のミュージシャン。77年、パンクを象徴するバンド、ザ・ジャムのボーカリスト&ギタリストとして鮮烈なデビューを飾り、モッズ・スタイルの伝道者として注目されました。10枚目のシングル『ゴーイング・アンダーグラウンド』が全英1位に輝き、イギリスにおけるナンバーワンバンドと評されるまでになりました。しかし、約6年間活動し、人気絶頂のうちにバンドは解散してしまいます。83年にはバンドのオルガンプレーヤーだったミック・タルボットとザ・スタイルカウンシルを結成。このバンドではパンクと決別したかのようにポップを貫き、洒落たサウンドを披露していました。84年に発表されたファーストアルバム『カフェ・ブリュ』は世界中で高い評価を受け、日本でも大ヒット。音楽性とともに注目を集めたのは、彼の高いファッションセンスでした。英国を中心にした定番アイテムを基本にしながらも、どこか彼の巧みなセンスが光る着こなしは際立ちました。ソロになってからは自分でファッションブランドを運営していたこともあります。
今回はそんなファッション好きのミュージシャン、ポール・ウェラーが着こなしたアイテムを紹介します。

モデル名は「ブライトン」。モッズたちを主人公にした映画『さらば青春の光』の舞台になった街の名前と一緒です。甲に付いた独特なデザインのタッセル(飾り)と、厚めのマーティンソールが特徴です。アッパーに使われているでは光沢あるパテントレザー。イングランド製。¥46,440(税込)/ローク

「ポールは自分なりのスタイルをもっていた。最初に会った時から彼はファッションに夢中で、僕らはみんな感化されてしまったんだ。でもポールは僕らよりもずっと進んでいて、追いつけなかったね。彼に薦められて、僕もフランク・ライトのローファーを買ったよ。靴にお金をかけたのはあれが初めてだった。あの頃、彼はブローグもドクター・マーティンももっていた」
ジョン・リードが書いた『ポール・ウェラー』(リットーミュージック刊)には、ポール・ウェラーの靴好きの度合いが詳しく書かれています。ザ・スタイルカウンシル時代に彼がよく履いていたのが、「ローク」のタッセルローファーです。
「ローク」はトーマス、ジョン、ウィリアム・ロークの3兄弟によって、英国靴の聖地であるノーザンプトンで1880年に創業されました。一足の靴を製造するのに8週間、200工程を要する職人技が込められたブランドで、2007年にはロイヤルワラント(英国王室御用達)を受けています。
ポール・ウェラーが愛用したタッセルローファーは「ブライトン」というモデルで、甲に付いたタッセルとマーティン・ソールが特徴です。モッズたちを中心に愛用され、1980年代に英国で活躍したセックス・ピストルズのジョン・ライドン、エルビス・コステロといった多くのミュージシャンが履いていました。アメリカ製のローファーとは一線を画したデザイン、いまでもロンドンスタイルを志向する人には欠かせないスリッポンシューズと言えます。

エアクッションが入ったマーティンソール。クッション性が高く、雨などでも滑らない、英国を代表するソールです。

通常の「ブライトン」はカーフレザーが使われていますが、これは光沢があるパテントレザーが使われています。

1880年にローク3兄弟によって創業され、いまでも同じローク家によって経営されている老舗のシューズメーカーです。ちなみに「loafer」とは怠け者という意味。紐を使わずに脱ぎ履きできることからこの名前が付きました。

問い合わせ先/インターナショナルギャラリー ビームス TEL:03-3470-3948

ロックスターのなかでも特にセンスが光る、ポール・ウェラ...