映画『ファースト・マン』から見る、アポロ計画に欠かせな...

映画『ファースト・マン』から見る、アポロ計画に欠かせなかったアイテム

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第2回 オメガのムーンウォッチ

2018年、『ファースト・マン』という1969年7月20日にアポロ11号による月面着陸を成功させた、人類史上に残る偉業を克明に描いた映画が公開されました。同作品の監督は、『ラ・ラ・ランド』で第89回アカデミー賞監督賞を獲得したデイミアン・チャゼル。主演はその『ラ・ラ・ランド』で彼とコンビを組んだライアン・ゴズリングです。ちなみに『ファースト・マン』は、第91回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞しています。

タイトルの“ファースト・マン”とは月に降り立ったアポロ11号のニール・アームストロング船長のことで、この映画では彼の視点を通してアポロ11号の過酷なミッションが描かれるほか、家族との生活や仲間との別れといった彼の日常のきびしさも触れられています。最近の映画には珍しく、デジタル技術をあまり使わずに撮影した映像は迫力満点。舞台となった時代のシンセサイザーやテルミンなどを使った音響も素晴らしく、ぜひ大画面で楽しんで欲しい映画です。

今年は、アポロ計画の偉業からちょうど50年のアニバーサリーイヤー。2019年7月から『ファースト・マン』のDVDなどがリリースされていますが、当時の宇宙計画にご興味ある方は『ライトスタッフ』(1983年)、『アポロ13号』(1995年)、『ドリーム』(2015年)、『アポロ11号 完全版』(2019年)などもオススメです。今回は『ファースト・マン』におけるアポロ計画で使われた名品を解説します。

モデル名は「スピードマスター プロフェッショナル 」。ブラックのダイヤルにへサライトクリスタルガラス。月面着陸に用いられた有名な手巻きムーブメントの後継となるキャリバー1861が搭載され、直径42mmのステンレススチール製ケースに収められています。¥594,000(税込)/オメガ

アポロ11号をはじめ、それ以前のジェミニ計画から現在の国際宇宙ステーションプログラムに至るまで、NASAが企てた計画すべてに使用されている時計が「オメガ」のスピードマスター。『ファースト・マン』ではニール・アームストロング役を演じたライアン・ゴズリングが、アポロ11号が飛び立つ前の記者会見に臨んだ際、その時計を身に着けています。
言うまでもありませんが、スピードマスターは「オメガ」を代表するクロノグラフで“ムーンウォッチ”とも呼ばれています。1960年代、NASAが公式装備品となる時計を選ぶのにあたって何度もテストを重ね、最後まで正常に動いていた時計がスピードマスターだったという話があります。当初から手巻きのムーブメントが搭載され、アポロ11号とともに宇宙に行ったモデルにもその機構が採用されていました。
ブラックのダイヤルとタキメータースケールを備えた42mmの堂々たるサイズ。中央の時針と分針には視認性が高いスーパールミノバがコーティングされています。ダイヤルには30分積算計、12時間積算計、スモールセコンドサブダイヤルが付属し、メカニカルなデザインが男心を刺激します。
ちなみに、アポロ13号においては宇宙飛行士の命を救った時計としても有名。事故で最小限の電源しか使えない状況に陥った13号で、NASAからの指示でエンジン噴射の正確なタイミングを計るのに使われたのがスピードマスターなのです。

今回取り上げたものは、その代表作にあたるプロフェッショナルというモデルですが、今年は新たに、アポロ11号の月面着陸50周年を記念する限定モデルも発表されました。

中央の時針と分針には、スーパールミノバがコーティングされており、高い視認性を備えています。

美しく仕上げられたリューズは「オメガ」のマーク入りです。ケースはステンレススチール製で、堅牢につくられています。

堅牢なケースと同じく、ブレスレットにもステンレススチールが採用されています。

オメガお客様センター/TEL:03-5952-4400

映画『ファースト・マン』から見る、アポロ計画に欠かせな...