ダサ格好いい、『アメリカン・グラフィティ』に登場する青...

ダサ格好いい、『アメリカン・グラフィティ』に登場する青二才たちが着ていた王道服。

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

第3回 コットンパンツ

1962年の夏、あなたはどこにいましたか?……珠玉の青春映画として知られる『アメリカン・グラフィティ』(73年)のアメリカでの宣伝文句です。舞台は62年のカリフォルニア北部の地方都市。主人公はそこに住む高校生たち。卒業後の旅立ちを目前にした夕刻から夜明けまでの夏の一夜をグラフィティ(=落書き)のように綴った青春群像劇です。監督は、あの『スター・ウォーズ』シリーズの生みの親、ジョージ・ルーカス。製作はフランシス・フォード・コッポラです。後に有名になるリチャード・ドレイファス、チャールズ・マーティン・スミス、ハリソン・フォードなどが出演。後に『アポロ13号』などの監督として大成するロン・ハワードも主役のひとりに名を連ねています。
彼らが身に着けているのは、ボタンダウンシャツにコットンパンツといったアイビーの王道スタイル、あるいはTシャツにジーンズといったロックンロールスタイル。映画全編に流れるオールディーズナンバーとともに、当時の“アメリカ”のファッションや風俗が見事に描かれた名画です。
今回は、そんな70年代の名画に登場したファッションアイテムを考えてみました。

素材はコットン66%、ポリエステル32%、ポリウレタン2%。ハリとしなやかさに加えて、ストレッチ性を備えた素材です。オフホワイトのカラー、ノープリーツのデザインで尾錠付き。アイビースタイルに絶好のパンツです。¥22,680(税込)/J.プレス

物語前半に行われるダンスパーティで、プラターズの大ヒット作『煙が目にしみる』をバックに、主人公の一人のスティーヴ(ロン・ハワード)とガールフレンドのローリー(シンディ・ウィリアムズ)がチークダンスを踊る印象的なシーンがあります。ちょっと余談になりますが、当時の学校でのダンスパーティでは、体育館...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ダサ格好いい、『アメリカン・グラフィティ』に登場する青...

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。