稀代のプレイボーイ、ジェームズ・ボンドの女性たちを虜に...

稀代のプレイボーイ、ジェームズ・ボンドの女性たちを虜にするセクシーなスタイル

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第4回 サファリジャケット


「マイ・ネーム・イズ・ボンド、ジェームズ・ボンド」。世界でいちばん有名な英国諜報部員、ジェームズ・ボンドの自己紹介の言葉です。原作を書いたのは英国人作家のイアン・フレミング。ジャマイカの別荘で書き上げられた処女作『カジノ・ロワイヤル』が1953年に刊行され、ショーン・コネリーが初代ボンドを演じた映画版007シリーズ第1作『007 ドクター・ノオ』が公開されたのが62年。以来、2015年に6代目ボンド、ダニエル・クレイグが主演した『007 スペクター』まで24作品の映画がつくられ、スパイアクションの金字塔として世界中のファンから愛されています。
そのなかで登場したアーカイブ・ワードローブを限定で復刻させたのが、ロンドンに拠点を置くブランド「オールバー・ブラウン」。2007年に創業し、優雅なリゾートでの休日からインスピレーションを得たスイムウエアをはじめ、シャツ、ポロシャツなどのアフターリゾートを楽しむための英国流ホリデーウエアを揃えるブランドです。『007 スカイフォール』(12年)では劇中でダニエル・クレイグが同ブランドの水着を着用していますが、レオナルド・ディカプリオ、ヒュー・ジャックマンなどにも愛用されています。そんな英国ブランドが注目したのは、007映画のどのシーン、どんなスタイルでしょうか。

カーキのサファリジャケット。素材はコットン51%に、リネンを49%混紡したものです。肩のエポレット、ボタン付きのポケットなど、サファリジャケットの特徴的なディテールが満載のデザイン。ベルトは付いていませんので、シャツ感覚で羽織れます。¥90,720/オールバー・ブラウン×007

ショーン・コネリー、ジョージ・レーゼンビーに続いて、3代目ジェームズ・ボンドを演じたのが、英国人俳優のロジャー・ムーアです。
『007 死ぬのは奴らだ』(1973年)を皮切りに、その後7作にわたって彼がボンドを演じますが、同じボンドでもムーアのボンドスタイルは映画が製作された1970年代の風潮を感じさせるものでした。英国風だった初代ボンドに比べると、3代目ボンドが纏うスーツはスポーティでエレガントなのが特徴。ダブルブレストが多く、ラペルも幅が広めです。タキシードなどのパンツのシルエットもややフレア調。衣裳は彼の馴染みのテーラーで、ハリウッドスターの服も縫っていたロンドンのシリル・キャッスルに注文したものと言われています。
そんな彼は『007 黄金銃を持つ男』(74年)でサファリジャケットも着ていますが、今回のコレクションではそのジャケットを再現したモデルもラインアップされています。素材はコットンとリネンがブレンドされたものを採用。着やすさを考慮して、裏地なしの一枚仕立てでつくられています。フロントに4個のボタン付きのポケットが配置されており、サファリジャケットのお手本とも言えるデザインです。
映画でボンドはこのジャケットを同系色のパンツ、レザーのスリッポンを組み合わせていますが、このスタイル以外にも、白のサファリジャケットをタイドアップして着こなしているシーンが出てきます。名優クリストファー・リーが演じた敵のフランシスコ・スカラマンガもサファリジャケット風のシャツを着用。それだけサファリジャケットはこの時代、この映画にとって、重要なアイテムだったのでしょう。

『007 黄金銃を持つ男』でサファリジャケットを着こなすロジャー・ムーア。凛々しい彼の顔立ちにとても似合うシャツです。

ポケットはすべてマチ付きで、ボタンが付いています。機能性を考えたデザインで、サファリジャケットらしいディテールです。

袖口には2個のボタンが付き調節可能。赤のカンヌキ糸の色がアクセントになっています。

礼装用の軍服、コートといったミリタリーアイテムに多く見られる肩のエポレット。これもサファリジャケットには欠かせません。

問い合わせ先/ヴァルカナイズ・ロンドン TEL:03-5464-5255

https://www.vulcanize.jp/lifestyle/20190516-2

稀代のプレイボーイ、ジェームズ・ボンドの女性たちを虜に...