稀代のプレイボーイ、ジェームズ・ボンドの女性たちを虜に...

稀代のプレイボーイ、ジェームズ・ボンドの女性たちを虜にするセクシーなスタイル

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第3回 カプリシャツとエスパドリーユ

「マイ・ネーム・イズ・ボンド、ジェームズ・ボンド」。世界でいちばん有名な英国諜報部員、ジェームズ・ボンドの自己紹介の言葉です。原作を書いたのは英国人作家のイアン・フレミング。ジャマイカの別荘で書き上げられた処女作『カジノ・ロワイヤル』が1953年に刊行され、ショーン・コネリーが初代ボンドを演じた映画版007シリーズ第1作『007 ドクター・ノオ』が公開されたのが62年。以来、2015年に6代目ボンド、ダニエル・クレイグが主演した『007 スペクター』まで24作品の映画がつくられ、スパイアクションの金字塔として世界中のファンから愛されています。
そのなかで登場したアーカイブ・ワードローブを限定で復刻させたのが、ロンドンに拠点を置くブランド「オールバー・ブラウン」。2007年に創業し、優雅なリゾートでの休日からインスピレーションを得たスイムウエアをはじめ、シャツ、ポロシャツなどのアフターリゾートを楽しむための英国流ホリデーウエアを揃えるブランドです。『007 スカイフォール』(12年)では劇中でダニエル・クレイグが同ブランドの水着を着用していますが、レオナルド・ディカプリオ、ヒュー・ジャックマンなどにも愛用されています。そんな英国ブランドが注目したのは、007映画のどのシーン、どんなスタイルでしょうか。

映画の舞台になったバハマなどのリゾート地に似合う、色鮮やかなカプリシャツと、ブルーのエスパドリーユ。ジェームズ・ボンドの鍛えられた肉体に似合うアイテムです。シャツ¥45,360(税込)、靴¥33,480(税込)/ともにオールバー・ブラウン×007

007シリーズ第4作、本格的な水中アクションに挑んだ作品が『007 サンダーボール作戦』(1965年)。核ミサイルを搭載したNATO軍ヴァルカン爆撃機が謎の犯罪組織スペクターNo.2のエミリオ・ラルゴ(アドルフォ・チェリ)に奪われ、爆撃機に搭載されていた核ミサイルと引き換えに1億ポンドのダイヤモンドを要求されます。英国諜報部は「サンダーボール作戦」を発動、ショーン・コネリー演じるジェームズ・ボンドがバハマのナッソーに飛び、その行方を追うというストーリーになっています。そのバハマでボンドが着ていたシャツを再現したのが、「オールバー・ブラウン×007」のカプリシャツです。
カプリシャツは青の洞窟で知られるイタリアのカプリ島から名付けられたシャツで、大きく開いた襟元が開放感にあふれ、リゾートテイストが満喫できるシャツとして最近も人気です。この赤のカプリシャツは素材にイタリアンリネンを用いており、繊細な生地で夏気分が味わえます。
同じく『007 サンダーボール作戦』でボンドが履いていたエスパドリーユも見事に再現されています。ブルーのキャンバス素材のアッパーに、ジュート麻のソールが特徴的で、リゾートに最適な一足です。脱ぎ履きがしやすいように、履き口の両サイドにはエラスティックのゴムが付き、コルクを使ったインソールには「007」のマークが入っています。
ジェームズ・ボンドファンならずともぜひ履いてみたい一足ではないでしょうか。

『007 サンダーボール作戦』に登場したボンドのカプリシャツスタイルです。いつものことですが、セクシーなボンドの傍らには美女が欠かせません。

大きく開いた襟のデザインがリゾートスタイルを感じさせます。織りネームも特別なものが付けられています。

素材はイタリアンリネンが使われ、エレガントさを感じさせます。暑い夏でも着やすく、シワさえも絵になります。

エスパドリーユのインソールには「007」のマークが入ったコルク素材が使われています。

問い合わせ先/ヴァルカナイズ・ロンドン TEL:03-5464-5255

https://www.vulcanize.jp/lifestyle/20190516-2

稀代のプレイボーイ、ジェームズ・ボンドの女性たちを虜に...