稀代のプレイボーイ、ジェームズ・ボンドの女性たちを虜に...

稀代のプレイボーイ、ジェームズ・ボンドの女性たちを虜にするセクシーなスタイル

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第2回 ブルーのスイムウエア

「マイ・ネーム・イズ・ボンド、ジェームズ・ボンド」。世界でいちばん有名な英国諜報部員、ジェームズ・ボンドの自己紹介の言葉です。原作を書いたのは英国人作家のイアン・フレミング。ジャマイカの別荘で書き上げられた処女作『カジノ・ロワイヤル』が1953年に刊行され、ショーン・コネリーが初代ボンドを演じた映画版007シリーズ第1作『007 ドクター・ノオ』が公開されたのが62年。以来、2015年に6代目ボンド、ダニエル・クレイグが主演した『007 スペクター』まで24作品の映画がつくられ、スパイアクションの金字塔として世界中のファンから愛されています。
そのなかで登場したアーカイブ・ワードローブを限定で復刻させたのが、ロンドンに拠点を置くブランド「オールバー・ブラウン」。2007年に創業し、優雅なリゾートでの休日からインスピレーションを得たスイムウエアをはじめ、シャツ、ポロシャツなどのアフターリゾートを楽しむための英国流ホリデーウエアを揃えるブランドです。『007 スカイフォール』(12年)では劇中でダニエル・クレイグが同ブランドの水着を着用していますが、レオナルド・ディカプリオ、ヒュー・ジャックマンなどにも愛用されています。そんな英国ブランドが注目したのは、007映画のどのシーン、どんなスタイルでしょうか。

オールバー・ブラウンが得意とする「SETTER SWIM SHORT」と名付けられたトランクスタイプのスイムウエア。ポリアミドとポリエステルなどを混紡した素材を用いて、伸縮性も備わっています。ブルーの地に入った白のステッチが効いています。¥57,240(税込)/オールバー・ブラウン×007

シャーリー・バッシーが歌う主題歌、金粉を塗られ殺された美女の強烈なイメージなどで大きな話題を集めたのが、シリーズ3作目の『007 ゴールドフィンガー』(1964年)です。
この映画はマシンガンや回転式ナンバープレート、タイヤに隠された回転式の刃など、特別装備を施した「アストンマーティン DB5」が登場し、007シリーズ映画の人気を不動にした作品としても知られています。
007シリーズに美しい水着を纏ったボンドガールが欠かせないように、ボンドが着用する水着も欠かせません。今回のコレクションで再現されたスイムウエアのひとつが、『007 ゴールドフィンガー』に登場したブルーの水着。映画冒頭でメキシコでの破壊工作に成功したボンドは、マイアミのホテルでしばしの休暇を楽しみます。そこで3作目の敵であるゴールドフィンガー(ゲルト・フレーベ)に出会うことになりますが、戸外のベッドに横たわってマッサージを受けている時に身に着けているのがそのスイムウエアです。
1960年代のモデルですから、サーファーが着用するようなデザインではありません。短めのトランクスタイプで、身体にフィットしています。マッチョな男性にぴったりのデザインで、セックスアピール抜群。ボンドならばなおさらのことです。
ちなみにこの作品のボンドガールはゴールドフィンガー専用機のパイロットのプッシー・ガロア(オナー・ブラックマン)。「誘惑しても無駄よ。私、男嫌いだから」と言っていましたが、最後はボンドの術中にはまってしまいました。セックスアピールを放つスイムウエアはボンドの重要な武器でもあるわけです。

磨き上げられたゴールドのメタルボタンが高級感を感じさせます。各所に入った白のステッチも効いています。

ボンドが着こなすスーツと同じような、クラシックなサイドストラップが付いたデザイン。両脇にポケットもあり、ポケットの近くにはブランドのタグも付いています。

ヒップポケットはファスナー付き。鍵などをキープするのに便利です。水着を乾かす時に使うのでしょうか? 中央にはループまで縫い付けられています。

問い合わせ先/ヴァルカナイズ・ロンドン TEL:03-5464-5255
https://www.vulcanize.jp/lifestyle/20190516-2

稀代のプレイボーイ、ジェームズ・ボンドの女性たちを虜に...