ビートルズ時代からどこまでも自然体、ジョン・レノンとい...

ビートルズ時代からどこまでも自然体、ジョン・レノンという気取らないスタイル

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

第4回 「ジェームスロック」のキャスケット

1940年10月9日、ジョン・レノンは英国のリバプールで生まれました。父は船員だったアルフレッド、母は映画館で働いていたジュリア。しかしジョンが生まれるとすぐに夫婦仲は悪化、少年時代のほとんどをジョンはジュリアの姉メアリー、通称ミミ伯母さんの家で過ごしました。
10代で音楽に目覚めたジョンは、故郷リバプールでポール・マッカートニーとジョージ・ハリソンに出会い、音楽活動を開始、その後、ザ・ビートルズを結成、最後に加わったリンゴ・スターとともに、『Love Me Do』(62年)で、メジャーデビューを果たします。ザ・ビートルズは社会現象とも言えるブームを世界中で巻き起こしますが、70年に解散してしまいました。
解散後、ジョンはソロ活動に入り、71年には『Imagine』(71年)を発表、音楽活動以外に平和運動などにも積極的に参加します。80年には『Double Fantasy』を発表、ワールドツアーも計画される中、悲劇が襲います。ニューヨークの自宅前で狂信的なファンの凶弾に倒れたのです。40歳という若さでした。
まさにレジェンド中のレジェンド。今回は、ジョン・レノンが愛用したアイテムを通して、ジョン流の気取らないスタイルを追います。

「SUMMER MUIRFIELD CAP」がモデル名です。ジャケットスタイルからカジュアルまで、さまざまな着こなしにマッチします。ロンドンにある世界最古の帽子店、「ジェームス ロック」で製作された、まさに逸品です。¥18,684/ジェームス ロック

『ヘルプ!4人はアイドル』(1965年)は、ザ・ビートルズの2作目の主演映画です。リンゴ・スターがはめていた指輪をめぐってメンバーがトラブルに遭遇するコメディ映画。もちろん彼らのヒット曲がちりばめられ、話題を集めた映画です。この劇中でジョンがかぶっていたのが、黒のキャスケットです。4人全員が全...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ビートルズ時代からどこまでも自然体、ジョン・レノンとい...