ビートルズ時代からどこまでも自然体、ジョン・レノンとい...

ビートルズ時代からどこまでも自然体、ジョン・レノンという気取らないスタイル

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第2回 「白山眼鏡店」の眼鏡

1940年10月9日、ジョン・レノンは英国のリバプールで生まれました。父は船員だったアルフレッド、母は映画館で働いていたジュリア。しかしジョンが生まれるとすぐに夫婦仲は悪化、少年時代のほとんどをジョンはジュリアの姉メアリー、通称ミミ伯母さんの家で過ごしました。
10代で音楽に目覚めたジョンは、故郷リバプールでポール・マッカートニーとジョージ・ハリソンに出会い、音楽活動を開始、その後、ザ・ビートルズを結成、最後に加わったリンゴ・スターとともに、『Love Me Do』(62年)で、メジャーデビューを果たします。ザ・ビートルズは社会現象とも言えるブームを世界中で巻き起こしますが、70年に解散してしまいました。
解散後、ジョンはソロ活動に入り、71年には『Imagine』(71年)を発表、音楽活動以外に平和運動などにも積極的に参加します。80年には『Double Fantasy』を発表、ワールドツアーも計画される中、悲劇が襲います。ニューヨークの自宅前で狂信的なファンの凶弾に倒れたのです。40歳という若さでした。
まさにレジェンド中のレジェンド。今回は、ジョン・レノンが愛用したアイテムを通して、ジョン流の気取らないスタイルを追います。

「白山眼鏡店」を代表するプラスチックフレームの「HANK」。オリジナルフレームの1作目のモデルで、現在もつくられています。ジョン風にしたいのならば、イエロー系の「らん甲」がいいでしょう。ちなみにジョンはレンズに濃い目のブラウンを選んだと同社のHPに書かれています。¥31,320(フレーム価格)/白山眼鏡店

1980年12月8日、セントラルパークに面した自宅、ダコタ・ハウス前でジョンが凶弾に倒れますが、まさにその時に身につけていたのが、「白山眼鏡店」のセルロイド製の眼鏡でした。
「白山眼鏡店」は、1946年創業、日本を代表する老舗。ウェリントン型のフレームのモデル名は「メイフェア」で、亡くなる前年の79年にジョンが自ら購入したものです。同社のHPには「A Day In The Life ジョン・レノン氏とメイフェアの想い出」と題されてその経緯が書かれています。
その記事によれば、お忍びで日本を訪れていた“主夫”ジョンが店に飾られていた「メイフェア」に興味をもったのが、「白山眼鏡店」との縁の始まりでした。注文したのは、イエローとブラウン、それにクリアの3本。亡くなった時にかけていたのはこの内の1本です。ジョンの没後にリリースされたオノ・ヨーコのアルバム『Season of Glass』(81年)のジャケット写真には血に染まった「メイフェア」が写っています。
「メイフェア」は、現在はつくられていませんが、同じウェリントンタイプでは「HANK」というモデルが名品として知られています。75年に製作されたモデルで、「白山眼鏡店」のオリジナルデザインのファーストモデルです。クラシックな佇まい、各所の美しい仕上げ、ゴールドカラーの金属部分など、ジョンと同じような眼鏡をお探しの方、一度試してみてはいかがでしょうか。

フレームのテンプル部分にはブランド名が入リ、「白山眼鏡店」と漢字で描かれています。

金属部分はすべてゴールド色でまとめられています。現在、フレームカラーは14色も揃っています。

フレームのフロントには飾り鋲が2つ。細部に渡り、クラフツマンシップが感じられる美しい仕上げです。

問い合わせ先/白山眼鏡店 WALLS  TEL:03-5468-0397

ビートルズ時代からどこまでも自然体、ジョン・レノンとい...