ビートルズ時代からどこまでも自然体、ジョン・レノンとい...

ビートルズ時代からどこまでも自然体、ジョン・レノンという気取らないスタイル

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第1回 「スプリングコート」のスニーカー

1940年10月9日、ジョン・レノンは英国のリバプールで生まれました。父は船員だったアルフレッド、母は映画館で働いていたジュリア。しかしジョンが生まれるとすぐに夫婦仲は悪化、少年時代のほとんどをジョンはジュリアの姉メアリー、通称ミミ伯母さんの家で過ごしました。
10代で音楽に目覚めたジョンは、故郷リバプールでポール・マッカートニーとジョージ・ハリソンに出会い、音楽活動を開始、その後、ザ・ビートルズを結成、最後に加わったリンゴ・スターとともに、『Love Me Do』(62年)で、メジャーデビューを果たします。ザ・ビートルズは社会現象とも言えるブームを世界中で巻き起こしますが、70年に解散してしまいました。
解散後、ジョンはソロ活動に入り、71年には『Imagine』(71年)を発表、音楽活動以外に平和運動などにも積極的に参加します。80年には『Double Fantasy』を発表、ワールドツアーも計画される中、悲劇が襲います。ニューヨークの自宅前で狂信的なファンの凶弾に倒れたのです。40歳という若さでした。
まさにレジェンド中のレジェンド。今回は、ジョン・レノンが愛用したアイテムを通して、ジョン流の気取らないスタイルを追います。

ナビゲーター/小暮 昌弘
法政大学卒業。学生時代よりアパレルメーカーで勤務。1982年から(株)婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に勤務。『25ans』を経て『Men’s Club』で主にファッションページを。2005年から2007年まで『Men’s Club』編集長。2009年よりフリーに。(株)LOST &FOUNDを設立。現在は、『Pen』『GQ』『Men’s Precious』などで作文を担当。

モデル名は「G2」。キャンバスのアッパーとラバーソールを組み合わせたクラシックな佇まい。白一色のカラーリングはシンプルの極み。フランスの国旗を連想させるトリコロール色のタグがシュータンに付いています。¥10,800/スプリングコート

ザ・ビートルズのアルバムの中でも名盤と呼ばれる『アビイ・ロード』(1969年)。4人が横断歩道を渡るジャケット写真で、先頭のジョン・レノンが履いていたのが、フランスの老舗、「スプリングコート」のスニーカーです。当時、オノ・ヨーコとの結婚式でもお揃いで履いていますので、惚れ込みようはそうとうなものだったのでしょう。余談になりますが、彼がスニーカーに合わせていたのは純白のスーツ。諸説ありますが、このスーツを仕立てたのは、英国のサヴィルロウで異端児と呼ばれたトミー・ナッターの手によるものという説が有力です。スーツにスニーカーとは、いまの時代をジョンは先読みしていたのでしょうか。
「スプリングコート」の誕生は1936年。「まるでスプリング=バネの効いた靴でテニスコートをぴょんぴょん飛んでいるようだ」と絶賛されたことがブランド名の由来です。
大きな特徴は靴底にあります。ソールの外側に4個ずつ計8個の空気穴があり、中敷きの脇に設けられた溝を通して外気を取り入れ、熱を外に逃がす構造を持っています。また中敷きは取り外し可能で、ソールにはミントの香りが付いています。
現在販売されているのは、ジョンが履いていたモデルをアップデートさせた「G2」というモデル。基本的なデザイン、ソールの通気孔など、昔からのディテールが踏襲されたモデルで、クラシックな佇まいはそのまま。カジュアルなアイテムとも相性抜群で、ジョンのようにスーツに合わせてもいいでしょう。

ソールの側面に空いた通気孔。片側に4個。全部で8個の穴があります。靴内部の通気性を考えて設計されたものです。

完全に取り外しができるカップインソールがこの靴の特徴のひとつです。インソールの脇に入った溝は空気の流れを確保し、蒸れにくくするため。またインソールはミントの香りがつけられ、消臭にも役立っています。

インソールを取り出すと、ソール内部にこんなイラストが描かれています。フランスのお洒落心、エスプリが感じられるのではないでしょうか。

問い合わせ先/カメイ・プロアクトTEL:03-6450-1515

ビートルズ時代からどこまでも自然体、ジョン・レノンとい...

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。