キューバを愛した“パパ”アーネスト・ヘミングウェイの着...

キューバを愛した“パパ”アーネスト・ヘミングウェイの着こなしの流儀とは。

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

第2回 「モヒート」のグアヤベラシャツ

もしきみが幸運にも青年時代にパリに住んだとすれば、きみが残りの人生をどこで過ごそうとも、パリはきみについてまわる。なぜならパリは移動祝祭日だからだ——ロスト・ジェネレーションを代表する作家、アーネスト・ヘミングウェイの代表作『移動祝祭日』の冒頭の言葉です。
1899年、アメリカ・シカゴ郊外のオークパークでヘミングウェイは生まれます。高校卒業後、カンザスシティー・スター紙に見習い記者として入社した後、第一次世界大戦に参加。帰国後の21年、今度はトロント・スター紙の特派員記者としてフランスに渡り、スコット・フィッツジェラルドなどの多くの作家、芸術家と交流を深めます。25年、短編集『われらの時代』を出版、その後『日はまた昇る』『武器よさらば』『誰がために鐘は鳴る』『老人と海』などの作品を次々と発表し、世界的な作家に登りつめます。
53年にはピューリッツァー賞、54年にはノーベル文学賞を受賞しますが、61年に自殺。60年に完成した『移動祝祭日』は、死後出版されました。狩猟、闘牛、釣りを愛し、キューバやスペイン、フランスなど、世界を旅したヘミングウェイ。その作品、生き様に多くの人が影響を受けたことは間違いありません。

モデル名は「アブサンシャツ」。ヘミングウェイの短編『異郷』では主人公ロジャーがニューオリンズのバーで「ここには本物のアブサンはあるかい?」と尋ねます。アブサンは高い度数のリキュール酒で、ヨーロッパでは悪魔の酒として製造が禁止されたそうです。リネンの素材、フロントに入ったピンタックがリゾートウェアの雰囲気を醸し出します。¥35,640/モヒート

1944年ごろ、キューバ沖でドイツの潜水艦Uボートなどの捕獲を試みていた頃、ヘミングウェイがカーキのパンツに合わせて着用していたのが「グアヤベラシャツ」と呼ばれるシャツです。これはキューバなどの中南米のリゾート地でよく着られているもので、「キューバシャツ」と呼ばれることもあり、南米では公式の場...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
キューバを愛した“パパ”アーネスト・ヘミングウェイの着...