ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルが、ファッショ...

ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルが、ファッションアイコンだった理由。

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

第3回 「リーバイス」のジーンズ

誰もが15分なら有名人になれる。いずれそんな時代が来るだろう——ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルの有名な言葉です。1960〜80年代に大活躍したウォーホルは、キャンベル・スープ、マリリン・モンローなどの作品で知られ、20世紀を代表する巨匠のひとりと言われています。絵画だけでなく、音楽や映画などのプロデュース、雑誌まで発刊するなどマルチメディアアーティストの先駆けとなった人物です。また、ウォーホルはファッションアイコンとしても知られ、多くのパーティやイベントで撮られた写真が残されています。意外にも着こなすアイテムはベーシックなデザインの名品ばかり。ボタンダウンシャツ、ジーンズ、ローファーなどが、銀髪のかつらをかぶった彼の手にかかると、まるで彼の作品のような斬新で、ポップなアイテムに見えてくるから不思議です。そんなアンディ・ウォーホルが愛した名品をひも解いてみましょう。

「501」と並ぶリーバイス®︎のもうひとつのアイコンモデルと言われるのが「505」です。誕生したのは1967年で、当時を彷彿とさせるスリムフィットのシルエット。「501」に比べ股上が低く、フロントがジップフライになっているのが大きな特徴です。素材は耳付きのセルビッチデニムが採用されています。¥20,520(税込)/リーバイス®︎ ビンテージ クロージング

1970年代にアンディ・ウォーホルがよく着こなしていたのが、ブレザーにボタンダウンシャツ、ボトムスはジーンズにローファーというスタイルです。ブレザーにジーンズを組み合わせる、いわばプレッピー的な着こなしで、いまでは多くの男性が組み合わせるスタイルですが、当時、こうした彼の着こなしはルール破りの...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルが、ファッショ...

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。