ウディ・アレンが映画『アニー・ホール』で着こなした、ト...

ウディ・アレンが映画『アニー・ホール』で着こなした、トラッドな愛用品。

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第1回 ニューヨーク・トラッドを象徴するツイードジャケット

1977年制作の映画『アニー・ホール』。NYを舞台に男女の恋と別れを綴ったラブストーリー。映画の出来も素晴らしいですが、主演したウディ・アレンとダイアン・キートンの着こなしは、いまでもとても参考になります。ウディ・アレンは、いつもツイードジャケットに小柄のチェックシャツ、パンツはプリーツが入ったチノパンを合わせ、黒のセルフレームと相まって、ナードな雰囲気を醸し出しています。ダイアン・キートンの着こなしもセンス抜群です。太めのチノパンにベストを合わせたマニッシュなスタイルで、世界のファッショニスタを魅了しました。映画の中でも、リアリティある彼らの着こなしは、重要な役割を果たしています。今月紹介するのは、まさに1970年代から80年代にかけてのスタイルのお手本ともいえる、ウディ・アレンの愛用した品々です。第1回はニューヨーク・トラッドを象徴するようなツイードのジャケットです。

この映画でのウディ・アレンを彷彿とさせるツイードジャケット。3ボタン段返りのシングルブレストで、ウエストに絞りが入っています。脇ポケットはパッチ&フラップタイプで、シックにもカジュアルにも着こなせます。ラペルはポケットに入ったステッチがジャケットのアクセントになっています。ジャケット\97,200(税込)、シャツ¥16,200(税込)/ともにポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)

この映画では1970~80年代にかけてのジャケットスタイルのお手本とも言えるウディ・アレンの着こなしが見物です。しかもほとんどのジャケットで素材にツイードを選んでいます。ピンチェックやヘリンボーンなどのオーセンティックなツイードが中心で、肘に革のエルボーパッチが付いたジャケットは、当時の雰囲気を彷彿とさせ、とても粋です。デザインはいつも同じタイプです。シングルブレストでウエストが程よく絞られ、袖ボタンも4つと、アメリカントラッドに英国調をミックスしたスタイルです。裾もサイドベンツで、ジャケットのラペルはいまの時代に比べるとずいぶん太くデザインされています。この映画ではウディ・アレンもダイアン・キートンも、当時ニューヨークで注目を集めていたデザイナー、ラルフ・ローレンの服を多く着ていたと伝えられていますが、ウディ・アレンが着用していたのも、おそらくラルフ・ローレンがデザインしたジャケットではないでしょうか。まさに当時のニューヨーク・トラッドのジャケットスタイルが堪能できます。
ウディ・アレンがこのジャケットにいつも合わせているのが、小柄のタータンチェックのシャツです。ネクタイを締めているときもありますが、ほとんどがノータイで、チェックのシャツの中にいつもクルーネックのカラーTシャツを重ね着しているところは、ウディ・アレン流とも言えるかもしれません。

背面の裾に入ったベントはサイドに。それまでのアメリカントラディショナルのジャケットはほとんどがセンターに1本だけベントが入っていましたが、ポロ ラルフ ローレンは英国調にサイドベンツ仕様にデザインしました。エレガントさが香ります。

英国の素材を使った伝統のピンチェック。『アニー・ホール』でウディ・アレンが着用しているのは、ほとんどが茶系のツイードジャケットでした。まさにこのタイプです。

今シーズンのポロ ラルフ ローレンのツイードジャケットは、3ボタンの段返り仕様です。ラペルにボタンホールがかすかに見えて、Vゾーンに動きをもたらします。

問い合わせ先/ラルフ ローレン:TEL.0120-3274-20

ウディ・アレンが映画『アニー・ホール』で着こなした、ト...

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。