オンライン ファッションストアの進化から垣間見る、ショップの未来予想図とは。

オンライン ファッションストアの進化から垣間見る、ショップの未来予想図とは。

文:海老原光宏

オンライン ファッションストアの進化から垣間見る、ショップの未来予想図とは。

プラダをはじめトップブランドも参加する「ファーフェッチ」。国内で取り扱いのないアイテムを買えるのも魅力です。

みなさん、洋服買ってますか? どこで買いますか? 私はオンライン上で買うことが増えました。電車の中で、スマートフォンを開いてアイテムを物色する人も多いのではないでしょうか。好きな時に、場所を問わず、物欲を満たしてくれる時代となりました。

じゃあどのオンラインストアで買うのかとなると、モード好きにお勧めなのがFARFETCH(ファーフェッチ)、SSENSE、YOOX(ユークス)、NET-A-PORTER(ネッタポルテ)など海外発ファッションECです。ブランドやアイテムが豊富に揃い、日本にないものも扱っています。さらに嬉しいのは、インポートブランドが日本より安いこと。そしてセールの時期も早い。日本では春夏モノのセールは7月1日からが多いですが、海外では5月下旬辺りから始まります。この原稿を書いている時点(6月上旬)でもすでに始まっていました(ジル サンダーのハーフパンツが35%オフ……)。これはチェックするしかないでしょう!

なかでも注目なのはファーフェッチです。ファーフェッチは2007年、ジョゼ・ネヴェスが創業した画期的なプラットフォームです。ゾゾタウン、ネッタポルテなどとは異なり自社で在庫をもちません。現存するブランドや店舗から世界中に販売できるオンライン上の売り場を提供するスペースなのです。この反則技ともいえる発想は投資家に評価されています。2014年日本市場に参入。2018年にはニューヨーク証券取引所に上場し、時価総額約8960億円(初日終値が1株約28ドル)の値が付いています。

2015年にはイギリスの有名セレクトショップ「ブラウンズ」を買収。実店舗の在庫を利用するビジネスモデルであるため、実際の店舗運営のノウハウをこれで得たことになります。2017年にはデジタルとリアルを連携させるストア・オブ・ザ・フューチャーをローンチ。店舗のゲスト行動をデジタルに集約し、分析するツールです。これはラグジュアリーのトップブランド「シャネル」が採用する予定です。

つまり、ファーフェッチのプラットフォームに乗れば、たとえ無人島のストアであっても世界190か国のユーザーに向けて販売できるのです。我々ユーザーもスマホを手にしていつでもなんでも買えます。その際、気になるのは、サイズです。「ZOZOTOWN」がゾゾスーツというサイズ計測サービスをつくりましたが、そこまでする必要はないでしょう。なぜかって? 実店舗で試着すればいいじゃないですか。

オンライン ファッションストアの進化から垣間見る、ショップの未来予想図とは。

独自の視点で編集されたページにも注目。オンラインショッピングでも予想外のアイテムとの出合いが生まれます。

オンライン ファッションストアの進化から垣間見る、ショップの未来予想図とは。

移動中や休憩時間にスマートフォンで閲覧。オンラインショッピングの中毒者も続出の模様。

1 / 2p