伝説の「ナイキ オール・コンディションズ・ギア」が、12月18日にリロ...

伝説の「ナイキ オール・コンディションズ・ギア」が、12月18日にリローンチされます。

伝説の「ナイキ オール・コンディションズ・ギア」が、12月18日にリローンチされます。

NikeLab ACG 2イン1 メンズジャケット ¥59,400、近日発売。防水性のゴアテックス ®の3層の素材を用いた。

伝説の「ナイキ オール・コンディションズ・ギア」が、12月18日にリローンチされます。

NikeLab ACG レスポンダ バックパック¥32,400、近日発売。軍隊をインスピレーションとしてつくられたナイキSFSレスポンダバックパックを進化させた。

30年以上前に誕生した「ナイキ」のアウトドアライン“Nike ACG”が、タウンユースのコレクションとして復活します。今回の新しいACGコレクションでは、ベルリン在住のデザイナーである、“ACRONYM(アクロニウム)”のエロルソン・ヒューをコラボレーション・パートナーとして起用。“NikeLab ACG”として 都会を生きる現代のアスリートのために生まれ変わります。ナイキはこれまでもマーク・ニューソンやジバンシィのリカルド・ティッシ、藤原ヒロシ、高橋盾といったクリエイタ―とコラボレーションを行っています。

ACGはオール・コンディションズ・ギアの略で、かつて絶大な人気を誇りました。今回のNikeLab ACGコレクションは「新世代の都市生活者のために」と銘打ち、「アスリートを都会の真ん中に置く」(エロルソン・ヒュー)ものになるといいます。新しいACGコレクションのためにヒューとナイキデザインチームは、心身の即応能力を高め、制約を最小限にするための構造、「オール・コンディションズ・フィット」を開発。これはあらゆるスポーツに共通する姿勢、武道においては「構え」と呼ばれる、中腰の姿勢を取りやすくしています。そのためにジャケットやパンツの可動域や携帯電話などを入れるためのポケットの粋など、ディテールが考えられているといいます。

発売開始はNIKE.COM/NIKELABで12月18日から、ドーバー ストリート マーケット ギンザのNIKELAB DSM GNZで12月20日からを予定しています(一部の商品は順次発売予定)。(Pen編集部)
伝説の「ナイキ オール・コンディションズ・ギア」が、12月18日にリローンチされます。

伝説の「ナイキ オール・コンディションズ・ギア」が、12月18日にリローンチされます。

NikeLab ACG フライニット トレイナー チャッカ SFB
メンズシューズ ¥23,760、1月中旬発売予定。長い間快適に履き続けられるように、快適さと耐久性を追求。つま先とかかとには保護膜を付け、さらにアッパー全体の耐水性を高めるためにDefender Repellent Systems™のスプレーを施している。

伝説の「ナイキ オール・コンディションズ・ギア」が、12月18日にリローンチされます。

ACGの再始動を伝えるティザービデオ(上)とイメージビジュアル。

問い合わせ先/ナイキ カスタマーサービス TEL:0120-6453-77

NIKE.COM/NIKELAB
www.nike.com/jp/ja_jp/c/nikelab

NIKELAB DSM GNZ
ドーバー ストリート マーケット ギンザ
東京都中央区銀座6-9-5 ギンザコマツ西館

営業時間:11時~20時(日~木)
11時~21時(金、土)
不定休

伝説の「ナイキ オール・コンディションズ・ギア」が、12月18日にリロ...