「ムーンスター」のリーズナブルな新シューズで、ご近所散歩がもっと楽しくなる。

「ムーンスター」のリーズナブルな新シューズで、ご近所散歩がもっと楽しくなる。

文:高橋一史

「ムーンスター」のリーズナブルな新シューズで、ご近所散歩がもっと楽しくなる。

ムーンスターの新ライン、「810s」のスリッポンシューズ、「キッチェ」 ¥5,500(税込)

家から近場への外出にちょうどいい等身大の服を、「ワンマイルウエア」と呼ぶ。1マイル=約1.6kmだから、20分ほどの距離だ。カフェで寛いだり、公園で遊んだり、洒落た雑貨を探索したり、この圏内で楽しめることはたくさんある。ときには雨や雪が降る中を小走りして、生活必需品を買いに行くこともあるだろう。ワンマイルウエアには快適さに加え、どんな状況にも対応する機能性も欠かせない。

日本の暮らしを足元から支えてきた老舗の「ムーンスター」が、12月上旬から発売する新ラインの「810s(エイトテンス)」は、ワンマイル“シューズ” と呼びたいコレクションだ。ローテクの高級スニーカーと、一体成型の樹脂シューズをミックスしたような、“チープかわいい” デザインである。いつでも玄関に置いておける身近なムードだ。しかも中心価格が¥5,500(税込)で懐にも優しい。

本体の素材はフェイクレザー。水濡れに強く汚れも付きにくいため、道の状態を気にせず歩ける。上写真のモデルのアウトソールは、油や水に濡れた床面でもグリップするマルチストッパーソール。ガーデニングや洗車の時に履くのも便利だろう。

810sには、ムーンスターが長年にわたり、学校用、キッチン用、病院用といった専門分野のワークシューズを製造し続けてきたノウハウが込められている。遠出や旅行に持参するシューズとしても、つくりのよさは申し分ない。男女兼用で、サイズ展開は22または22.5cmから28cmまで0.5cmきざみ。新しくも懐かしいこのシューズで、私たちの日々の生活がより快適になりそうだ。

「ムーンスター」のリーズナブルな新シューズで、ご近所散歩がもっと楽しくなる。

記事冒頭のキッチェの黒。アッパーの上部にゴムが付き脱ぎ履きが楽。コート競技用シューズの顔付きで、どんな服装にも合わせやすい。白刻印はモデル名やブランド名の記述。 ¥5,500(税込)

「ムーンスター」のリーズナブルな新シューズで、ご近所散歩がもっと楽しくなる。

厨房や食品工場用のシューズをデイリーユースにアレンジした、サボタイプの「カフ」。キッチェと同じくアウトソールは油や水に強い。色は黒やベージュも展開されている。¥4,950(税込)

「ムーンスター」のリーズナブルな新シューズで、ご近所散歩がもっと楽しくなる。

踵を踏んでも履けて、インソールが低反発タイプの「ホスプ」。立ち仕事が多いナースシューズから着想された高機能な一足だ。アッパーはベルクロ開閉式で、色は黒もある。¥5,500(税込)

問い合わせ先/ムーンスター カスタマーセンター
TEL:0800-800-1792(フリーダイヤル)
www.bymoonstar.jp/810s

「ムーンスター」のリーズナブルな新シューズで、ご近所散歩がもっと楽しくなる。