エイズと戦いながら80年代のアートシーンを走り抜けたデイヴィッド・ヴォ...

エイズと戦いながら80年代のアートシーンを走り抜けたデイヴィッド・ヴォイナロビッチの作品が、「ロエベ」のTシャツに蘇ります。

文:Pen編集部

『Untitled(Face in Dirt)』1991年より。ヴォイナロビッチのセルフポートレイト。亡くなる前年に撮影されました。¥14,455(税込)

U2のアルバム『One』のジャケット写真――バッファローが崖から転がり落ちる有名な1枚を覚えている人は多いでしょう。撮影はデイヴィッド・ヴォイナロビッチ(1954年~92年)。1980年代のニューヨークのアートシーンに彗星のごとく現れ、世を去った彼の作品が、ロエベのTシャツに蘇ります。ヴォイナ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
エイズと戦いながら80年代のアートシーンを走り抜けたデイヴィッド・ヴォ...