4型12足のアディダス バイ ハイクを全部見せ! 防水...
vol.95

4型12足のアディダス バイ ハイクを全部見せ! 防水透湿のゴアテックス仕様までずらりとラインアップ

構成、文:高橋一史 写真:青木和也 | 

横一列が同一型のシューズ。手前より、アンクル丈ブーツの「AH-004」¥30,800(税込)、ダイヤル調整式の「AH-002」¥27,500(税込)、ハイカットブーツの「AH-005 HI」¥33,000(税込)、サンダルタイプの「AH-003」¥22,000(税込)/アディダス バイ ハイク(アディダスお客様窓口 TEL:0570-033-033)

ゆったりとした現代の服装には、ボリュームのある足元がよく似合う。そのシューズにアウトドアとリンクするラギッドな要素があれば、さらに装いは旬の感性をまとっていく。こうした都会派スタイルの決め手になる、スタイリッシュな最新シューズを紹介しよう。2020年11月25日(水)午後12時からオンラインで日本先行発売される、アディダス バイ ハイク(adidas by HYKE)だ。全4型のラインアップの色は、ホワイト、ブラック、カーキのシンプルな3色。バックル、ベルト、ラギッドソールらの複雑なディテールがリズミカルな動きを生み、モダンライフに野山のフィーリングを運ぶ。

履き心地はスニーカーで、見た目はアウトドアシューズ。モードな服装にも馴染むストイックさは、ハイクならではのデザインだ。ハイクは基本的にレディスブランドで、モード誌では海外ブランドと肩を並べるほどファッション通に愛されている。ミリタリー、ワーク、ユニフォームがベースになったマスキュリンな作風で甘さがなく、オトコ心に響くアイテムも多い。アディダス バイ ハイクは服とシューズからなるコラボコレクションだが、シューズのサイズは22〜32cmの幅広さ。メンズブランドでは探すのが難しい、優雅さを兼ね備えたラギッドシューズがここにある。

ハイクがアディダスと初コラボしたのは15年春夏で、4シーズン続き惜しまれながらも終了した。20年春夏に待望の復活を果たし、今回の秋冬で2シーズンめとなる。これが本当の最後になるかもしれない希少価値も踏まえ、ファンならずとも入手しておきたいシリーズだ。

ストラップを絞りフィットさせるソックスタイプのブーツ、「AH-005 HI」¥33,000(税込)/アディダス バイ ハイク(アディダスお客様窓口 TEL:0570-033-033)

デザイン家具にも通じる黒とカーキのバイカラー配色が美しいハイカットブーツ。足にフィットするソックスシューズを、アウトドアテイストにアレンジしたデザインだ。実はこのモデルの初出は16年秋冬シーズンである。今回は復刻され、色の組み合わせが変えられた。さらに防水透湿のゴアテックスが搭載され、雨風をものともしない高機能シューズに生まれ変わった。これのローカット版の「AH-004」も、ゴアテックス仕様だ。

1 / 2p

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。