何日も履き続けられるのはホントか !? スポーツ系ウー...
vol.93

何日も履き続けられるのはホントか !? スポーツ系ウールソックスで、家でも外でも肌をサラサラに。

構成、文:高橋一史 写真:青木和也 | 

部分的に編地を変化させ、足裏のクッション性も追求したウールソックス。左のマルチストライプは「37.5 ハイキング ミックスド ストライプ ライトクルー」¥3,190(税込)、右のグレーは「37.5 ハイキング エッシェンシャル ライトクルー」¥3,190(税込)/ポイントシックス(サンウエストTEL03-3544-2751)

履いてみなければわからない、そして履けば必ず魅了されるのがウール素材のソックスだ。ウールの特性を知ると、真冬の防寒のみならず汗ばむ夏の足元にも向くことがわかる。素材のハイテク化が進むいまでも、化繊は天然素材の万能な特性には一歩及ばないのだ。

コットンや化学繊維でなく、ウールを選ぶメリットはどこにあるのだろうか。特に優れているのは、何日も履き続けられるほど臭いを抑える驚くべき特性だろう。羊の毛であるウールは、湿度を適度なバランスに調整してくれる。蒸気を発散して不快なムレをなくし、足裏をサラサラに保つ。同時に臭いを発生させるバクテリアの繁殖も防ぐのだ。バクテリアは高湿度の状態で増殖するため、低湿度なら問題にならない。この作用はソックスの外側が靴で覆われても働く。靴を脱げない登山者がウールソックスを愛用するのには確かな理由がある。

薄手なら夏でも快適に過ごせるウールだが、苦手な状況もある。摩擦への強さは頑丈な化繊に敵わない。靴で擦れて薄くなり、ほどなく穴が開いてしまう。そこでアウトドアブランドのソックスが真価を発揮する。ハードに履けるように化繊を混ぜて欠点を克服。さらに部分的に編み地を変え、もともと伸縮性に優れるウールのフィット感をより高めている。

1 / 2p

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。