白シャツ専門ブランドがフランスで誕生。 中世へのマニア...
構成、文:高橋一史
写真:宇田川 淳

Vol.70 白シャツ専門ブランドがフランスで誕生。 中世へのマニアックな偏愛ぶりに拍手!

Bourrienne ParisX

いま気になるファッションスタイルは、「貴族的なエレガンス」。そう言葉にすると私たちの生活と縁遠いようですが、要するに洗練されたキレイめな服装のことです。長く流行が続いたルーズに着崩す「ストリート」や、アクティブな「スポーツ」の流れが、この冬にターニングポイントを迎えています。「フォーマル」とも称される、端正にクリーンに装う気運が台頭してきたのです。このファッション連載「着る/知る」も今季は、新鮮味のある上品な服を探してきました。そしてようやく、ここでお伝えしたいブランドに出会えました! それが今回の主役、「ブリエンヌ」です。

2017年にフランスで設立された白シャツ専門ブランドです。デザインのベースは、中世ヨーロッパのビンテージシャツ。このコンセプトだけでもう、 “白シャツ好き” の期待値はマックスでしょう。海外の高級シャツはイタリアの手縫い品を筆頭に、よどみなくボディに沿うフィット感やストレスフリーな着心地に主軸が置かれるのが通例です。ディテールにはあまり個性が求められません。一方でブリエンヌは、ある意味でディテール偏愛主義。ギャザーやプリーツといった古典のモチーフを使いつつ、しかし現代的なバランスのシャツに仕上げています。

上写真の左端のシャツは、襟が小さなフレンチカラー。フロントがボタンを隠した比翼仕立てで、さらに袖口にも大きな工夫が(詳細はスクロールした先に)。中央のシャツは、立ち襟のオフィサーカラー。被って着るプルオーバータイプです。右端の襟は、幅の狭いオフィサーカラー。胸当てがつき着丈もヒップを覆う長さで、シャツが下着を兼ねていた時代のエッセンスが色濃い一着です。

左端シャツの襟下の内側には、クラシカルに刺繍されたブランドネームが。

記事冒頭のシャツ 左端から、¥31,900(税込)、¥38,500(税込)、¥47,300(税込)/すべてブリエンヌ、シャツの肩に掛けたボウタイ ¥22,000(税込)/ジュープ バイ ジャッキー、右端のストール ¥40,700(税込)/ピエール=ルイ・マシア(以上すべて、トゥモローランド TEL:0120-983-522)

1 / 2p

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。