なるほど! と膝を打つ、ゆったりシャツの着こなし術を男...
構成、文:高橋一史
写真:宇田川 淳(物)、高橋一史(人物)

Vol.62 なるほど! と膝を打つ、ゆったりシャツの着こなし術を男たちが指南します。

AURALEE  Scye

ルーズシルエットの人気が続く中で、シャツもビッグサイズが増えてきました。ただこのシャツは着こなしが意外と難しいものです。大人が普通にカッチリと着ると、往年のバブル時代にタイムスリップしてしまうことも。そこで今回の「着る/知る」は、ゆったりシャツの着方にフォーカス。ファッション界で働く3人の男性が、ちょっとした装いのヒントを披露します。

その前に本連載からも一つの方法をご紹介(上写真)。シャツの前裾だけのタックインです。パンツの股上が深くなるにつれ、トップを中に入れてメリハリをつける着方が人気になりました。ですがすべて中にしまい込むとビジネスウエアとの区別がつきにくくなります。そこで、前裾だけ入れてベルトを見せましょう。手軽にルーズさと緊張感とのコントラストを狙えます。品のいい服や小物を選べば、ウエスト回りをダボつかせても案外サマになるものです。

女性たちにはお馴染みのスタイリングです。高い位置でウエストマークして脚長に、ウエストも細く見せられる効果があります。男性が実践するなら前裾を軽くパンツに引っ掛けられる短い着丈のシャツを選ぶのが安心です。この着方はポロシャツ、Tシャツ、ニットなどにも応用できます。

落ち着いたアースカラーのシャツとパンツに、チラ見せの白ベルトで上品なアクセントをプラス。

記事冒頭のコットンシャツ ¥25,920税込)/オーラリー(TEL : 03-6427-7141)、コットンパンツ¥30,240(税込)、ナイロンベルト¥14,040(税込)/ともにサイ(マスターピースショールーム TEL:03-5414-3531)

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。