真っ平らに畳めるイッセイミヤケのバッグは、旅に持ってい...
構成、文:高橋一史
写真:宇田川 淳

Vol.52 真っ平らに畳めるイッセイミヤケのバッグは、旅に持っていきたい便利なグッズです!

132 5. ISSEY MIYAKE

上写真のレッド(右)とネイビー(左)のアイテムは、どちらも同じ型のバックパックです。右は畳んだもの、左は広げたもの。床に置いたり背負うときは立体になり、横に寝かせると、すっと真っ平らに。収納スペースを取らず、家では保管しやすく、旅行や出張先で使うサブバッグにも便利です。手がけたブランドは、デザイナー三宅一生が率いるチーム「Reality Lab.(リアリティ・ラボ)」による、「132 5. ISSEY MIYAKE(イチサンニーゴー イッセイミヤケ)」。

Reality Lab.の舞台裏は、Pen本誌「三宅一生の仕事」(2019年02月01日号  No.467)でたっぷりと特集されています。ここでは、プロダクトの実用の高さに着目しましょう。バックパックの素材は、なんと伸縮性のあるジャージー。熱を加えると硬化する特殊な糸で編まれています。外側に熱で圧力が加えられ、光沢とハリが与えられました。しなやかさも兼ね備えた独特の風合いに仕上がっています。床置きしたとき自立するほどの厚みと固さで、シワにもなりにくく機能的です。

荷物を運ぶ道具としての役割にもさまざまな工夫が。ショルダーストラップは長さを変えられ、フロントのバックルつきストラップで幅調整も可能。トップはフラップ及びドローコードで軽く閉じられ、内側には小ポケットつき。都会派の大人にふさわしい造形の美しさも申し分ありません。見た目と機能とが調和する、これぞ “デザイン” です。

出し入れ口はスナップボタンつきフラップと、ドローコードで閉じる仕組み。布を折り畳んだ構造のこのバッグはあたかも、“背負う洋服” のよう。裏地なしの一重仕立て。

記事冒頭のバックパック左右ともに ¥49,680(税込)/ともに132 5. ISSEY MIYAKE(TEL:03-5454-1705)

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。