「東京ミッドタウン日比谷」で見つけた! モダンライフと...
構成、文:高橋一史
写真:宇田川 淳

Vol.35 「東京ミッドタウン日比谷」で見つけた! モダンライフと昭和レトロとが共存する、大人のための複合スペース

CAMIEL FORTGENS  Salvatore Piccolo

開業から約1カ月のゴールデンウィーク前に、来場者数が200万人を越えたという、「東京ミッドタウン日比谷(以下、ミッドタウン日比谷)」。この商業施設の誕生により、すでに人の往来が激しい日比谷・銀座・有楽町エリアが、ますます盛り上がっていきそうです。

訪れた人はお気づきでしょうが、ここは他の商業施設と異なる大きな特徴があります。それは、知る人ぞ知る店が多いということ。百貨店の顔であるラグジュアリーブランドがなく、駅ビルに常連の大手セレクトショップもありません。初登場の店やブランドが、それぞれのスタイルを競い合っています。まさしく、「個性で勝負!」な空間なのです。

そんなミッドタウン日比谷で、大人の男性に特にお薦めしたいのが、「ヒビヤ セントラル マーケット」。テレビ東京で2018年5月8日(火)に放送されたTV番組『ガイアの夜明け』でも大きく取り上げられ、注目度の高さがうかがえます。この複合スペースの詳細は次ページ以降で解説するとして、まずはこの中にあるセレクトショップ、「グラフペーパー ヒビヤ」で見つけたシャツとパンツをご紹介しましょう。どちらも、いまの時代感がよく表れた服です。

上の写真のシャツは、イタリアのシャツ職人、サルヴァトーレ・ピッコロの既製服。半袖で着丈が短く胸ポケット付きという、海外のシャツとしては珍しい日本人好みのデザインです。立体的な形や快適な着心地は、本場イタリアのシャツならでは。

ベージュのパンツは、オランダで活動し自国で製造するデザイナー、カミエル・フォートへンスの一本です。5ポケットデニムをベースにしつつ、素材にコットンツイルを使い、端を切りっぱなしに。股上が深くワイドなシルエットのモード感と、ほつれた糸のクラフト感が融合しています。日本では取扱いが少ない、希少性のあるブランドの逸品です。

パンツのパッチには、サイズや素材表記に加え、軍モノのように製造年を大きく記す遊び心も。
シャツ ¥38,880(税込)/サルヴァトーレ ピッコロ、パンツ/カミエル フォートへンス ¥58,320(税込)(ともにグラフペーパー ヒビヤ TEL:03-6205-4860)

1 / 3p

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。