ドイツ人デザイナー、フランク・リーダーが染めて絞った服...
構成、文:高橋一史
写真:宇田川 淳

Vol.30 ドイツ人デザイナー、フランク・リーダーが染めて絞った服は、タダモノではない迫力のアートです。

Frank Leder

染める前の服。

朽ちた石壁、もしくは墨絵のように深いグレーの色が与えられた、シャツ、テーラードジャケット、カーディガンジャケット。生成りの無地の服が、時を経て風化したような姿に変わっています。製造手法は、いわゆる「製品染め」です。ただしこれらの服には、一般的な製品染めの “こなれた風合い” とは趣の異なる、ある種の “凄み” があります。それでいて着る人をカッコよく見せる、スタイリッシュなファッションにもなっているのです。

手がけた人物がフランク・リーダーだと知ると、彼の活動を知る人にはアート作品としての興味も湧いてくるでしょう。ドイツで生まれ暮らすフランクは、作家性の強いファッションデザイナーです。自国の伝統に目を向けてクラフトワークを学び実践しつつ、プレタポルテのシーズンコレクションを発表しています。使う素材や世界観は、同じくドイツ人のアーティスト、ヨーゼフ・ボイスにも通じます。古い時代に生まれたヴィンテージが、現代のモードと融合して彼独自の世界に結実しています。

ここに紹介する服は、定番的な素材や型を用いた「ファンダメント(FUNDAMENT)」コレクションの1シリーズ。ベースになっているのは、1960年代のデットストックベッドシーツで仕立てた服です。これにヴィンテージのインクをつけて染め、水洗いし、絞って乾かすことで不思議な模様を出現させています。

凝った技法ながら親しみやすさもあるのは、アイテムがベーシックだからでしょうか。男性の基本ワードローブから離れすぎず、その枠組の中で目いっぱい遊んでいるのです。おおもとの布の風合いを活かした、未染色の服も販売されているのがさらにユニーク。どちらを選んで着ても、間違いなく「フランク リーダー」です。

手仕事の味わいを感じる、体温のある服。
上段写真(染色後):右から、プルオーバーシャツ¥51,840、テーラードジャケット¥105,840、カーディガンジャケット¥62,640(すべて税込)/フランク リーダー
下段写真(未染色):右から、プルオーバーシャツ¥42,120、テーラードジャケット¥84,240、カーディガンジャケット¥51,840(すべて税込)/フランク リーダー(マッハ55リミテッド TEL:03-5413-5530)

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。