構成、文:高橋一史
写真:宇田川 淳

Vol.27 ジュンヤ・ワタナベがデザインする「コム デ ギャルソン・オム」は、いますぐ着たいワードローブの宝庫です。

ジュンヤ・ワタナベがデザインする「コム デ ギャルソン・オム」は、いますぐ着たいワードローブの宝庫です。

COMME des GARÇONS HOMME

我が国のメンズスタイルの礎を築いたデザイナーズブランドの「コム デ ギャルソン・オム」(以下、オム)について、みなさんはどのような印象をお持ちでしょうか。黒をベースにしたモノトーン? ボックス型のたっぷりとしたスーツ? 真っ白なシャツにルーズな黒いパンツのコーディネート? 確かにそれらはオムの重要な構成要素であり、同ブランドが長年にわたり支持され続ける魅力の一端です。一方で、そのイメージにとらわれずに現在のコレクションを眺めると、また違った側面が見えてきます。さまざまな志向性の人が一様に洒落ていると感じる、理想的な日常着がここにあるのです。デザインに走りすぎず、でも決して平凡ではなく。〝普通でいて普通じゃない”  、絶妙な落とし込みが行われています。

現在のオムのデザインを手がけているのは、「コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン」(以下、ジュンヤ)の渡辺淳弥さんです。この事実はあまり知られていないかもしれません。オムは1978年に発足し、初期は川久保玲さんが手がけ、その後別のデザイナーが担当してきました。渡辺さんが行うようになったのは2004年春夏シーズンからです。方向性が大きく変わったのは2012-13年秋冬の時。ジュンヤがオーセンティックな服を解体して再構築する作風なのに対し、オムはその匂いを漂わせつつ、より定番的なワードローブの創造へと歩みを進めました。トラッド、ワーク、ミリタリー、アウトドアといった渡辺さんが得意とするエッセンスをふんだんに取り入れたブランドになったのです。

最新の2018年春夏では、スポーティなアプローチが目につきます。まずここにご紹介するのは、色彩の美しい2着のシャツ。上の写真左のシャツは、ボディがブルーストライプのコットン生地で、フロントがカーキのナイロン生地です。トラッドとミリタリーが融合したハイブリッドなデザインで、品のよさとラギッドな味わいの両方をこれ一着で楽しめます。右のシャツのフロントは、カラフルな布がパッチワークされたもの。トップをこれ一枚でボトムをショートパンツにしてカジュアルに着てもいいですし、ジャケットやスーツのインナーとして、Vゾーンから色をチラ見せしても春の軽快な装いになります。

次ページでは、アウター、スーツ、Tシャツ、小物をたっぷりとお届けしましょう。

ブランド力を示す貫禄のロゴデザイン。
上段写真左から、カーキフロントのシャツ ¥34,560(税込)、カラフルなフロントのシャツ ¥34,560(税込)/ともにコム デ ギャルソン・オム(コム デ ギャルソン TEL : 03-3486-7611)